知覚心理学

知覚心理学

「ゲシュタルト」で検索して見つけた本。人体の生理的な面から「見る、見える」ことを考えることができる。

知覚は恒常性を保つ
・対象物の見え方が変わっても、同一であると認識するために、脳内ではは恒常性を保つための変換を行っている

目と脳
・「見えている」ということは、目からの視覚情報を脳が変換した結果である
・脳は対象のあるパーツに注目し、ほかの部分は補完したうえで全体像を結ぶ
 ある条件では、色や形など存在と違った形で、または存在自体を像として結ばれないことがある

・視覚系は楕円や台形より丸四角などよい形を好む

目の錯覚は脳の錯覚

人が認識しやすい色
・基本の色:赤 緑 青 黄
・さらに基本の色プラス:紫 橙 茶 桃 白 灰 黒

キーワード
・シェパード錯視
・フレーザー 渦巻き
・ランダムドット キネマとグラム
・生態光学
・オプティカルフロー

関連書籍
・脳はなぜだまされるのか
・イリュージョンから認知科学へ /下條

  • 楽天で商品をみる
  • アマゾンで商品をみる

コメント

  1. トレノより:

    ここにコメントが表示されます。お気軽にコメントください!

    名前とメルアドは必須(★)でお願いしてます。

コメント用フォームを開く

つぶやき
「知覚心理学」

  • 【社会心理学】自己概念:自己を構成する要素の一つ。自分自信について持っている構造化された知識、固有の存在として知覚された自分自信の姿。
  • 知覚心理学って全部マークやんな?記述ないよな?
  • 知覚音声学は人間の知覚・認識に関する学問だから、哲学、心理学、認知科学、脳科学にもつながる。
  • 【心理学学習/認知/知覚】ブレインウォッシング:洗脳のこと。朝鮮戦争時に中国軍がアメリカ兵捕虜に、心理学のコミットメント技法を用いた洗脳を行ったことがよく知られる。
  • 夜になったら 知覚心理学のカンペ用紙作成の努力をストーリで見せびらかそっと(ただいま0字)