データの世紀

リクナビ問題、2019年に就活学生の個人データから内定辞退予測を企業に販売
反対するエンジニアもいたが収益拡大のために押し切られた

公正取引委員会から
プラットフォーマー規制・違反行為の指針案
安全管理が不十分
利用目的をはっきり知らせない
規約にないデータの収集、第三者への提供
サービスの対価以上に提供を強いる

厚生労働省から行政指導

Suica問題
ICカードの乗り降りデータを外部販売しようとしたが、消費者や専門家からの批判でサービス停止

プライバシー バイ デザイン
技術やサービスの設計段階からデータ保護を重視する

ほんの少し考え方の異なる人とつながるだけで、情報のタコツボ化を防げる
フォロー300人のうち30人を入れ替えただけで情報の多様性が一気に高まる

ソーシャル・キャピタル
社会関係資本、人とのつながりや助け合いなど目に見えない資本

中国では、あらゆるデータが管理された社会システムが構築され、人々はここから外れて生きられないと諦めている

選ぶ力:何を使うか、いつどれくらい、どこまでデータを渡すか、

データGDP
データの生成量、インターネットのユーザー数、データへの接しやすさ、一人あたりのデータ消費量

データビジネスは20万から30万人分集まると採算ラインに乗る、使いみちが広がる

データ流通圏
信頼に足るルールのもとで国境を超えデータを自由に流通させる構想

利便と引き換えにユーザーが差し出したプライバシーが生む対価

ユーザーの性格によって宣伝文句を変えることで購買率が50%向上

記者が完全な匿名情報から10時間で個人を特定
私生活が筒抜けに

新たな貧困
バーチャルスラム
難民などは祖国のデータを失い、スコア評価の対象にもなれず、ホームレス同然に

分散型スコア
スコアの独占を減らせる
ユーザーが選べる
国境を超えてスコアを引き継げる
安全性が高い

Ai学習用のデータは自動化が難しい
入力や形式の統一などは人力
日本語はオプショアしにくい

電通:AiコピーライターAICO
花王:髪型の流行をAi予測
アシックス:Aiによるフォームの修正や訓練法

出品企業が販売したデータからアマゾンが顧客分析や販促ノウハウを積み上げる

データの市場取引
データの価値は量や重さで測れないが、データの動きを指標化して見えるようにすれば取引できる

データエコノミー
顔認証
ディープフェイク
手ぶら決済
信用スコア
ターゲティング広告
デジタル課税
情報銀行
GDPR 一般データ保護規制

つぶやき
「データの世紀」

  • @ShinemonAkiyama シン・ニホンには、AIとデータって書いてあったよ。それを正しく使える人材が21世紀の木材かもね。
  • 人生折返し地点過ぎてて、 この世に生を受けて半世紀近くになってるけども、人生の旅というほど情緒ある経験もなく、何かをなしどけてるわけでも、なく、寧ろ同世代よりかなり劣った生活レベルだもんな。 ま〜人生にリセットボタンないし、データ… https://t.co/jZMYmJ9D4G
  • 【新刊】『東亜同文書院卒業生の軌跡を追う』藤田佳久・編(あるむ)1900年初頭、上海に開校した東亜同文書院は、大学昇格も含めて45年という半世紀近い歴史をもち、各界へ卒業生を送り続けた。今まであまり触れられなかった進路について詳細… https://t.co/pTuNmmAjsJ

関連商品「データの世紀」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

「読書」の記事

おすすめの記事