機関車先生

久しぶりに小説を読みました。
舞台は瀬戸内海の小さな島。そこにはたった一つの小学校に生徒が7人と校長先生が一人。そこへ臨時教師として赴任してきた、口をきけないけど、おっきくて優しい機関車先生が、「子供たちを教えることができるのか」という周囲の疑念をよそに、子供たちと交流を深めていきます。

公開中の映画「機関車先生」で、先生役を演じている坂口憲二はイメージがピッタリ合っていると思います。小説を読んだきっかけもこのサイトを見たから。

つぶやき
「機関車先生」

  • コロナ病棟には今のところほとんど近づいてないけど、かかりつけの小児科も車なら裏の駐車場で車内待機でスタッフさんも先生もちょこちょこ足運んで大変な手間だよね…他のとこは皮膚科しか知らんけどそこも待合室では基本待てない。コロナ関係なくどの医療機関も大変…
  • RT @sheepagin: 🛣️教育関係者の皆様へ 『道路で遊ぶのは危ない』『他人に迷惑をかける』と昭和41年に文科省は教育機関に指導するよう通達されています。 車の往来の少ない住宅地での道路でも痛ましい事故が起きています。 先生の仕事ではないかもしれませんが、どうか宜しくお…

関連商品「機関車先生」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

「読書」の記事

おすすめの記事