機関車先生

久しぶりに小説を読みました。
舞台は瀬戸内海の小さな島。そこにはたった一つの小学校に生徒が7人と校長先生が一人。そこへ臨時教師として赴任してきた、口をきけないけど、おっきくて優しい機関車先生が、「子供たちを教えることができるのか」という周囲の疑念をよそに、子供たちと交流を深めていきます。

公開中の映画「機関車先生」で、先生役を演じている坂口憲二はイメージがピッタリ合っていると思います。小説を読んだきっかけもこのサイトを見たから。

つぶやき
「機関車先生」

  • そして鍾タルは先生が誰の話も聞かない暴走機関車してタルを轢き殺していくくらいの勢いと重さで愛しちゃってるよ。このタルは人間やめがち。安心して、全部幻覚だよ。 そんな本たちを来年は出していきたい……ッッッッッッ!!プロットは大体終わってる!!言うだけタダ!!!!!解散ッッッッッッ!
  • 機関車レースなんてアイディア思いついても作画コスト考えて普通やらんやろと思うけど描いちゃうのが秋本先生… https://t.co/9cN39FViGF
  • 57巻の「文豪・両津勘吉先生」で「機関車100台描くのに一週間はかかる」と書いてたので72巻の機関車レースの話に出てくる機関車の数を数えたら約70台だった。 https://t.co/LS0GP13qJh

関連商品「機関車先生」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

「読書」の記事

おすすめの記事