機関車先生

久しぶりに小説を読みました。
舞台は瀬戸内海の小さな島。そこにはたった一つの小学校に生徒が7人と校長先生が一人。そこへ臨時教師として赴任してきた、口をきけないけど、おっきくて優しい機関車先生が、「子供たちを教えることができるのか」という周囲の疑念をよそに、子供たちと交流を深めていきます。

公開中の映画「機関車先生」で、先生役を演じている坂口憲二はイメージがピッタリ合っていると思います。小説を読んだきっかけもこのサイトを見たから。

つぶやき
「機関車先生」

  • @shadobagachinpo おーい機関車ガチマス。 先生がね、荷物運べって。呼んでる。
  • 池田邦彦先生の御本があったので一読。 江若鉄道や三河鉄道の琵琶湖型気動車は流線形ではない扱いなのだろうか? フィリピンから持ってきたディーゼル機関車に名鉄の記述は無しでした…名鉄残念でしたね https://t.co/pA45vhx39z
  • 英会話の先生が最近買ったものの話してるんやけど「俺は最近息子にこんなかんじの機関車のおもちゃを買ってあげた!あいつ全然安いもので喜ぶから楽や!」とか言い出してまじで笑う

関連商品「機関車先生」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

「読書」の記事

おすすめの記事