世紀の空売り 世界経済の破綻に賭けた男たち

「世界<経済>全史」を読んで、バブル景気のことをもう少し知りたくなったのでノンフィクションものを読んでみた。

リーマンショック前のバブル好景気の熱狂の中で、その本質を見抜き、経済が破綻する方に賭けた人物たちの話。サブプライムローンの仕組みなど難しい点もあって途中で挫折。 

つぶやき
「世紀の空売り」

  • 世紀の空売り」投資家が日本の中小型株上昇に期待-8銘柄保有 - ブルームバーグ https://t.co/VdYJC2lagN
  • これは期待だのう! マイケルルイスの金融物が大好物だったけど、これも期待できるね ちなみにマイケルルイスの「世紀の空売り」「フラッシュボーイズ」は最高におもしろかった。この2つだけは読んでおくべき https://t.co/poHS6WWhQk
  • RT @May_Roma: 名ルポライターのマイケル・ルイスがアメリカのサブプライムローンに迫った。映画「マネー・ショート」の原作だが映画版より細かい部分がわかって面白い。金融の勉強にもなる→世紀の空売り  (文春文庫) https://t.co/7YYFBB2UDF

関連商品「世紀の空売り」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

「読書」の記事

おすすめの記事