世紀の空売り 世界経済の破綻に賭けた男たち

「世界<経済>全史」を読んで、バブル景気のことをもう少し知りたくなったのでノンフィクションものを読んでみた。

リーマンショック前のバブル好景気の熱狂の中で、その本質を見抜き、経済が破綻する方に賭けた人物たちの話。サブプライムローンの仕組みなど難しい点もあって途中で挫折。 

つぶやき
「世紀の空売り」

  • 世紀の空売り 世界経済の破綻にかけた男達」(映画はマネーショート)を読んでいて、気を強く持っている(*´-`)
  • 今朝の翻訳ストレッチ:6:35~7:10までの35 分 「春秋・天声人語」『第九 折々のうた』『角川俳句12月号』『自分を休ませる練習』『世紀の空売り』『浮き世の画家』『誤訳の常識』 *寝坊でストレッチは短めに。年末まで週に1… https://t.co/6TrDvoyZhd
  • 「マイケル・ルイスは『世紀の空売り』のなかで、2008年の崩壊に至る前段階でどのようなことが起こったかを説明している。」 ~デヴィッド=ハーヴェイ『資本主義の終焉』(4)

関連商品「世紀の空売り」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

「読書」の記事

おすすめの記事