ドラゴンボール展

IMG_0188_s17年ぶりの映画公開を記念して「ドラゴンボール展」が日本橋高島屋8Fで開催中ですね。
鳥山明の原画展はずいぶん昔に開催されたようですが、その後まったく開催される様子がなく、ぜひ見たいと思ってました。

バガボンドを描くCM

巨大なキャンパスに井上雄彦がバガボンドの武蔵を描く。
そのようすが日清のカップヌードルのCMになってます。

ただ、長い30秒バージョンでも、完成する過程を追うには短すぎますね。
もっと完成していく様子を見てみたい。

ワンピース 57巻

今日は『ワンピース』 57巻の発売日
今度の第57巻も記録的な発行部数になるみたいですね。

ONE PIECE 巻57 (ジャンプコミックス)第57巻の初版発行部数は300万部となり、同作56巻が持つ最高記録を更新。「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団」の290万部(2004年)を抜き出版史上最高。

57巻の内容は舞台を海軍本部に移して、ルフィたちが当直する前に白ひげの隊長と海軍の中将、大将、七武海が激突!白ひげ海賊団1番隊隊長・不死鳥のマルコをはじめ、謎だったキャクターの能力が明らかに。

連載のほうはエースが死んで黒ヒゲ海賊団が登場ってところだけど、57巻を読んでこれまで流れをもう一回復習しなくちゃ。

マンガ家・井上雄彦の本棚

録画しておいた「プロフェッショナル仕事の流儀」を見ました。今週のゲストはスラムダンク、バガボンドの作者・井上雄彦さん。とてもストイックな仕事ぶりで、プロフェッショナルというのは“自分自身への厳しさ”持ってるなぁと感じました。

ところで番組をみて気になったのが、井上雄彦さんの机の後ろにある本棚に並んでいた書籍。

いったい井上雄彦という人はどんな本を読むのだろう、と思って、判別できる範囲で調べてみました。

・宮本武蔵 実践 二天一流兵法
・武術の創造
・美の旅人
・京の職人衆が語る桂離宮
・木に学べ
・障害受容
・整体的生活術
・幼なじみのバッキー
・死と身体
・ながやす巧 作品集

他にはマンガでシティハンター、キャッツアイ、ドカベン、湘南爆走族、バリバリ伝説が並んでました。

他人の本棚って、その人の趣味から教養までわかりそう。どんなにかけ離れた人でも、誰かの書いた本を読んでいるもので、井上雄彦という雲の上の存在も、本を通じてその思想や考えに近づける気がします。

楽しみなマンガ

毎週楽しみにしてます。

週刊少年マガジン 『はじめの一歩』
 久々の一歩の試合、深読みしないで毎度楽しみにしてます。
 個人的にベストバウトは板垣学 VS 今井京介

週刊少年サンデー 『クロスゲーム』
 あだち充マンガはパターンのようでも面白い。
 飄々とした主人公で熱血しない野球マンガは健在。

週刊少年ジャンプ 『ワンピース』
 ずうーと読んだことなかったけど、インペルダウンあたりから欠かさず。
 最初は鳥山明っぽい画風が気になってけど、、、。

コータローまかりとおる!

昨日届いたお芝居のダイレクトメールに使われていた切手が「コータローまかりとおる!」でした。

最近はアニメやマンガの切手もたくさん出てるけど、コータローまで出ていたとはオドロキ&ちょっと嬉しかったです。

スラムダンク あれから10日後

コミック全31巻、バスケットボール人気の火付け役となった『スラムダンク』。

いまだに続編の希望や“実写化したいマンガ”でも1位に選ばれているスラムダンクですが、2004年、某イベントで教室の黒板に山王戦との後日談『あれから10日後』が描かれました。チョークで描かれたスラムダンクのキャラクターたちは、インクで描かれてものと変わることなく、彼らの様子を伝えてくれました。

これまで、その様子の一部だけは雑誌などで取り上げられてましたが、ようやく完全版として1冊の本にまとまったようです。

ユニクロx(サンデー+マガジン)

サンデー・マガジン50周年の記念企画にユニクロが加わって、新旧マンガ作品のプリントTシャツが定期的に発売されます。

私が初めて買ったサンデーには『Gu-Gu ガンモ』が連載されてたのをおぼえてます。そのころから細野不二彦さんの作品が好きになったかな。
マガジンでは『はじめの一歩』をいまだに愛読。『釣りキチ三平』の矢口高雄さんのイラストは田舎の優しい風景が描かれていて、作品集を買いそびれたのがいまだに悔やまれます。なので釣りキチ三平の絵柄が楽しみ。

ちなみに先日、NHKの番組にこのサイトを製作した中村勇吾さんが出演されたとか。見逃しました(T T

人間を作る

マンガ喫茶で『鋼の錬金術師』ってマンガを読んできました。

その第一巻に載ってた人間の材料について
“水35ℓ、炭素20kg、アンモニア4ℓ、石灰1.5Kg、リン800g、塩分250g、硝石100g、硫黄80g、フッ素7.5g、鉄5g、珪素3g、その他少量の15の元素”なんだそうです。

『ドラえもん』でも「人間製造機」で“石鹸1個(脂肪分となる)、釘1本(鉄分)、マッチ100本(リン)、鉛筆450本(炭素)、石灰コップ1杯、硫黄一つまみ、マグネシウム(量不明)、水1.8ℓ”から赤ちゃん(ミュータント)を作ってしまうというエピソードがあって、「人間ってそれだけの材料で作れるんだ?」ってビックリしたものです。

ハチクロとハチロク

紛らわしい。

どっちもマンガに関係ある略語なんだけど、ハチクロって言うのは『ハチミツとクローバー』っていうタイトルの少女マンガの略で最近よく見かけますね。ハチロクっていうは『頭文字D(イニシャルディー』って青年マンガにでてくる車、AE86トレノの略称。

ハチクロも映画化されるそうですが、ハチロクは香港で映画化されて今月公開。どちらも話題で「ハチロク」と「ハチクロ」パッと見、どっちのことだか解らねーよって思うのは私だけ?

ちなみに私のHNもトレノですが、実際乗っていたトレノはE-AE92でした。