山王戦のその後

※このタイトルでスラムダンクの記事だとわかった方、さらに「山王」を「ヤマオー」と読んだ方はすでにご存知のことと思いますので無視してください。

同人とかじゃない!井上雄彦がスラムダンクのその後を描いていたとは、うかつにも今まで知りませんでした。しかもつい先月(2月号)の『SWITCH』という雑誌では特集してたそうです。

2004年8月10日、『スラムダンク』が1億冊を突破したことを記念して作者の井上雄彦が自ら広告主となり新聞6紙に全面広告が一斉に掲載されました。さらにその後、廃校となった旧神奈川県立三崎高校を借りたイベントで、最終話から10日後の「彼ら」を、教室の黒板に描きだしたそうです。


公式ホームページでは、そのときの黒板に描かれたものをポストカード(オリジナルBOXに24枚入り)にして販売しています。さらに同サイトのINOUE NEWS(2005年03月04日付け)によると三崎高校でのイベントの模様をDVDで発売予定だそうです。当人のコメントによれば「4月中に出せれば良いな」とのこと。

黒板のポストカードもいいけど、どうにか製本してくれないかな。

つぶやき
「スラムダンク」

  • RT @Fullcountc2: #エンゼルス の #大谷翔平 投手の次回登板が日本時間27日の #マリナーズ との今季本拠地最終戦に決まりました⚾️ 「3番・DH」で先発出場する #アストロズ 前には軽めのキャッチボールで調整💪 よく見ると、水原一平通訳が着たTシャツは……
  • RT @inoueart: スラムダンク, Slam Dunk 2004 animation. https://t.co/X3xgaNbKeW
  • しかし、そう考えると、例えば『スラムダンク』の中でも五本の指に入る好きなシーンに「桜木の運動量が上だっ!!」がある私が、『ブルーロック』にハマったのはごくごく自然な流れだったのだなあ。 俺の好きなもので出来てるじゃん。

関連商品「スラムダンク」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

「マンガ」の記事

おすすめの記事