ゲームの父 横井軍平伝

今、『ゲームの父 横井軍平伝』を読みはじめました。
まだ読み終わってませんが、以前読んだ『横井軍平ゲーム館』の内容を再構築した本だそうです。

まず、横井軍平について
このかたは、まだファミコンが登場する前、任天堂が花札やトランプの製造元として知られていたころに入社し、次々とヒット商品を開発していった人で、古くは『ウルトラハンド』『ウルトラマシン』『レーザークレー』などの玩具、そして『ゲームウォッチ『ゲームボーイ』の携帯電子ゲーム機まで、どれも当時大流行したものばかりです。

ここで注目したいのが「枯れた技術の水平思考」という考え方。
横井軍平はこれらの商品を最新の技術を使わず、むしろ使い古され安くなった技術を導入しています。たとえば、液晶画面は当時電卓のパネルにしか使われていなかったものをゲーム機に流用することで、安価に携帯ゲーム機を提供できたそうです。おかげでカシオは液晶パネルの受注が一気に3倍に伸びたとかw

この「枯れた技術の水平思考」は今でも任天堂に受け継がれ、WiiやDSの躍進の原動力になっているそうです。

ただしこの「枯れた技術の水平思考」とは、技術の応用方法ばかり考えているのではなく、もっとその先の目的があり、それを実現する手段として”必ずしも最新の技術が必要ではない、周りのあるもので十分可能かもしれない”ということです。

近年、この「枯れた技術の水平思考」について注目され、絶版となった『横井軍平ゲーム館』がネットオークションで90,000円以上の値がつくほどになり、あらためてこの『ゲームの父 横井軍平伝』が発刊となったそうです。

ゲームばかりではなく、柔軟な発想方法に興味のある方はぜひ読んでみてください。

つぶやき
「横井軍平」

  • 横井軍平】任天堂の開発者。「枯れた技術の水平思考」。玩具ウルトラハンド、ラブテスター、ゲーム&ウォッチ、GB、VB、十字キー考案、『メトロイド』『ファミコンウォーズ』『Dr.マリオ』『パネルでポン』。96年退社後コト設立ワンダースワン開発に携わる。高速道路で事故死。
  • @sik_I_love_you つねに全力を尽くして輝き燃えてしまうと言うことでしょうか ゲーム好きなので横井軍平さんの飛行機事故を知って、なぜあの優秀な人が…と思いました、あと歴史上の有名な人達も…
  • 自分みたいな世代的にはTVGAMEではなくゲームウオッチから入った人もいると思います。今日は任天堂の日らしいのでタグを覗いてたんだが…ファミコン探偵倶楽部とかパネポンことパネルでポンを挙げる人は少ない…亡き横井軍平さんや葛目将也さ… https://t.co/XzkphZ65RN

関連商品「横井軍平」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

「読書」の記事

おすすめの記事