美と感性の心理学

「ゲシュタルト」の意味を調べて借りた本。大きくて重すぎるので、さわりだけ読んだ。
持ち歩きたくない大きさなので、家で読む時間があれば読みたい本。
目次をヒントにもう少し読みやすい本を探す。

人の視覚と認識
・眼球は固定視とサッケードを繰り返す。
・注意していない視野ははっきりと見ていない。
・特徴的なポイントに注意をむける ポップアウト効果
・図形と地として認識する 地に図形があっても気がつかない

閾(いき)値、しきい値
(absolute threshold)
刺激の強さを連続的に変化させたときの、生体に反応をひき起こすか起こさないかの限界。

この本の目次
・知覚心理学
・ゲシュタルト心理学
・形の知覚体制化
・色の知覚体制化
・動きの知覚体制化
・多感覚情報の知覚体制化
・知覚と美的経験

つぶやき
「美と感性の心理学」

  • みなさん,数学の皮相的な消費としての美の強調へのヘイトと,美をことさらに強調することで数学共同体が社会から孤立する危惧と,自分自身が数学において美的感性を重視していないという事実を,数学は美しくないという美学や心理学や神経科学上の主張とを安易に結びつけてないですか

関連商品「美と感性の心理学」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

「読書」の記事

おすすめの記事