キラキラネームDQNネーム

先日読んだ「子供の名前が危ない」という本が面白かった。

子供がいないので、最近の子供の名前を直接知ることはないのですが、ニュース等で見かける子供の名前など、たしかに読めない名前が多いです。先日もツイッターで「今鹿」という名前が話題になっていました。(読み方は最後に)
こうした読みにくい名前、キラキラネームとかOQN(ドキュン)ネームというそうです。


明治安田生命では「生まれ年別の名前調査」を行ってますが、2011年のランキングを見てもなかなかです。

男の子の1位「大翔」くん
しょっぱなから読めませんでした。
しかも読み方が何通りもあるそうで、ヒロト、ハルト、ヤマト、タイトと読むそうです。

女の子の1位「陽菜」ちゃん
ヨウナ、ではありません。ヒナ、ハルナ、ヒナタと読むそうです。

読むのも難しいですが、今のご時勢、パソコンの漢字変換でも苦労します。一文字ずつ漢字変換するか、辞書登録するしかなくて、どちらも面倒。

しかもこの本によると、あまりに突拍子もない名前は就職活動にも悪影響を及ぼすとか。また、子供の頃はかわいく思える名前でも、大人になったらどうなか考えたほうがいいということです。当たり前だけどナルホドと思いました。

こうした名前をつける今の背景には、子役タレントのように個性的で目立つ存在になって欲しいという親の希望もあるのかも。

それにしても「今鹿」と書いて「ナウシカ」という名前、数年後には当たり前になるのかぁ。

つぶやき
「DQNネーム」

  • DQNネームの女の子が「名前ってね、脱げないお洋服なの。ドレスは可愛いけど、学校じゃ遊べないよ」って言ってた、深い
  • 子供のことも考えずにDQNネームつけるやつきんもーっ☆
  • 中学生、高校生の時、IMARU(さんまの娘)ってどんなDQNネームやねんと思ってたけど、最近凄い良い名前って思うのってなんでやろう

関連商品「子供の名前」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

「読書」の記事

おすすめの記事