楽園のカンヴァス

大学の公開講座で同席した方に勧められた本

キュレータの資格を持つ作者で美術に深く絡んだ小説
アンリ・ルソーの「夢」を主題に、作家の一生を追いながらミステリアスな推理要素も。
同時期のピカソの作風の変遷なども興味深い

つぶやき
「楽園のカンヴァス」

  • @pick_pink_punk 大丈夫🙆🏽‍♀️ナァに至っては進んでない。笑 ちょっと古い本やけど楽園のカンヴァスっていう原田マハさんの本は色々調べながら読みたくなる面白い本やで👌🏽👌🏽👌🏽
  • 楽園のカンヴァス (新潮文庫)/原田 マハ】を読みたい本に追加 → https://t.co/BHKjX8mvRT #bookmeter
  • 23位『楽園のカンヴァス(新潮文庫)』(原田 マハ/新潮社) https://t.co/VG0sZqdDxR ニューヨーク近代美術館のキュレーター、ティム・ブラウンはある日スイスの大邸宅に招かれる。そこで見たのは巨匠ルソーの名作 https://t.co/xNasBuileZ

関連商品「楽園のカンヴァス」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

「本」の記事

おすすめの記事