はじめての哲学

石井郁男

アインシュタインTVの最終回「神」を見て哲学について調べるために読んだ。

———-
孔子の人生論
15:志学
30:自立
40:不惑
50:知命
60:耳順
70:従心

文明が発達した理由
定期的な大河の氾濫:天文学、測地学が発達

———-
タレス
万物の根元は水である

ギリシアの七賢人
幾何学の五定理

エジプト人
太陽暦
洪水の周期=1年=>365日

———-
ソクラテス
無知の知
自分の無知を知っている

著書は一冊もない
弟子のプラトンらによって伝えらる

世間の人々は知らないことでも知っていると思っている
問い詰められてようやく知らなかったことに気づく

問題の答えは人から教えてもらうのではなく、自分で発見することが大切だ

「悪法も法である」として不正な死刑を受け入れて亡くなった

———-
プラトン
善悪二頭立ての馬車
人間は善と悪、二頭の馬を魂という御者があやつっているようなもの

ソクラテスの弟子
アリストテレスの師匠

アカデメイア学園を開く
国家論、洞窟の比喩、イデア論
「饗宴」哲学の最初に読むべき本

幾何学的思考
まず前提条件を確認し、わかっていること(前提条件)から順に分かっていないことを推理していく

イデア
・イデアは現象の本質
・イデアは現実にくらべ、高い理想という価値をもったもの
・個々の特殊な事物に対して、イデアは一般的な概念を意味する

真の認識とは
理想と現実を区別し、現実を認識した上で理想を追求しなければならない
可視界:目耳によって認識される、現実
可想界:頭脳によって認識される、理想

———-
アリストテレス
万学の祖

古代最大の学問体系を樹立

カテゴリー
動詞(カテゴレオ:述べる)から名詞(カテゴリアイ:述語の基準)という新しい学術用語を作った

動植物の正確な記録法のための10のカテゴリ
実体、量、関係、場所、時間、位置、状態、能動、受動

すべてのものは変化する
変化は生物と無生物で異なる
生物は内部に変化の原因がある
無生物は外部の力によって変化する

形而上学

———-
ベーコン
ルネサンスの三大発明をまとめる
印刷:学問を変えた
火薬:戦争を変えた
羅針盤:航海を変えた

4つのイドラ
イドラ:正しい認識の妨げになる先入観
種族のイドラ:人類共通の心のゆがみ
洞窟のイドラ:個人の生まれや教育、性格によるゆがみ
市場のイドラ:話しているうちに言葉に踊らされるゆがみ
劇場のイドラ:これまでの哲学、虚構の作り話

帰納法
経験、実験から得た多くの事実を加工・変形させて、法則結論を導き出し、新しい真理を発見する

———-
デカルト
我思う、ゆえに我あり

既知数をabc、未知数をxyzとした

複数人の考えでは雑然とする
一人が考えれば整然とする
そのためにはゆるぎない絶対信頼のおける出発点が必要
「我」は確かに存在する。我を出発点にする。

二元論
我は精神と物質からなる
世界を精神と物質の二つに分断
どちらを主に考えるかによって、唯物論と観念論にわかれる

デカルトの方法論
・絶対確実なものだけを出発点とする
・考える対象をできるだけ細かく分割する
・簡単なことから難しいことへ順番に解決していく
・最後に再点検し、間違いないか確かめる

目の前の困難に立ち向かうためには
自らの目指す目的は実現されるという「希望」をもち
さらには「確信」を持つことが必要である

———-
カント

哲学の勉強には旅行記
世界中の人々を知ることが大切
人間とは何かを具体的に知ることがすべての学問の出発点

カントの認識方法
・出発点は人間の見ようとする意欲である
・認識の対象に時間と空間の網をかける
・因果律を突き止める

二元の認識は「直感」に始まり「概念」に進み「理念」となる

———-
ヘーゲル
否定なくして発展なし

弁証法
・テーゼ(Aが主張する)
・アンチテーゼ(Bが否定する)
・ジンテーゼ(A+B、止揚する)
「否定」が弁証法発展の原動力である
Aだけで安易に流れることを防ぎ議論を深める

偉大な精神が現実に働きかければ、現実が変化する

人間の認識基盤は時代によって変化する

———-
ショーペンハウエル
意思がすべての源泉だ

この世は苦の世界、人生は悪の集団の戦いの場である
抜け出すには芸術に没頭するか宗教的な解脱しかない
しかし、現象としての世界の本質は意思である
意思は盲目的であり非合理である

人間の言葉・行動の源は意思である

———-
ニーチェ
小児の無垢の心

ショーペンハウエル「意思と表象としての世界」をきっかけに哲学へ

普仏戦争
ドイツとフランスなのに普仏というか
当時のドイツは30からなる小国の連合体だった
その中の中心的存在がプロイセン(普)だった

「ツァラトゥストラはかく語りき」
ツァラトゥストラ:紀元前7から6世紀の預言者
無数の比喩、散文詩ふうの教説による聖者伝説

精神の三様の変化
まずラクダ、次に獅子、さらに小児。小児の無垢こそすべての発展の原動力

———-
ダーウィン
種の起源

人間の成長の三段階
・少年時代:好きなことに没頭する
・青年時代:得意分野に育て上げる
・将来:誰にも負けない特異な人物になる

日記を三年間続ける者は大物になる(原敬・首相)
ダーウィンは緻密な観察記録を5年続けた

激しい生存競争で生き残るものは
強い優秀なもの、環境に適合したもの

赤面は最も特殊で人間的なものである
若者は老人より赤面するが子供のうちは赤面しない

———-
マルクス
哲学は解釈でなく変革だ

労働者は自らより大きな価値を生産する唯一の商品である
労働者は剰余労働によって剰余価値を生み出す

階級闘争によってのみ社会は変革できる
・古代社会:奴隷主と奴隷
・中世の封建社会:封建領主と農奴
・近世の資本主義:ブルジョア(資本家)とプロレタリア(労働者)

史的唯物論(唯物論的歴史観)
・社会は、経済的土台に政治法律などの上部構造がある
・生産力が社会発展の推進力である
・経済の発展が邪魔されると政治革命が起こる

———-
デューイ
多様性こそ進歩の原因である

プラグラティズム哲学
理論からではなく、実験・経験を重視し、すべて試行錯誤であって当然という哲学

教育の三要素
活動、過程、成長

教育とは、未熟な経験を、知的な技術と習慣を備えた経験へ発展させること
人間は様々な経験を通じて知恵がつき、創造力を発揮できるようなる
学校は理想の社会のモデルであり、社会改造の母体となる
教師の役割は案内役、協力者である

孫文の三民主義
民族、民生、民権の尊重:広い国土と様々な民族をまとめる思想
中国は単一民族ではない(朝鮮、モンゴル、ウイグル、北京、上海、広東、雲南、チベット人など多民族である)
言語も北京語、上海語、広東語がある
中国もアメリカも人種のルツボであり、ひとつの方式だけでは物事を処理できない

社会を組織するには
共同の目的を意識し、興味を持ち、それによって各自の行動を整える

———-
サルトル
自らを未来に向かって投げよ

実在は本質に先立つ
実在は主体性である
実在には不安、頼りなさ、絶望をともなう

———-

つぶやき
「はじめての哲学」

  • こ…こいつはかなわんぜッ!  おれひとりじゃ完璧不利!ここは逃げて次の機会を待つぜ!  おれは誰かとコンビを組んではじめて実力を発揮するタイプだからな… 「一番よりNo,2!」 これがホル・ホースの人生哲学モンクあっか! (ホル・ホース)
  • RT @iepmihs: 言語哲学の入門講義やるなら、意味論からはじめて語用論に移行するよりも、むしろ語用論からはじめて意味論に入っていったほうがスムースかもしれない、というようなことをTAしながら考えている。

関連商品「はじめての哲学」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

「読書」の記事

おすすめの記事