白夜行

『白夜行』はTBSのドラマで知りました。気になっていたのですが、結局ドラマは一度も見てなくて、ようやく小説に手をつけました。なかなか分厚い本でしたが、1週間で読みきり。

ドラマは山田孝之、綾瀬はるか以外の出演者は知らなかったので、さっき白夜行の公式サイトでキャストを見たら、おお!なるほど!というキャスティング。ドラマも見てみたくなりました。

ある廃ビルで起こった殺人事件。当時小学生だった少年と少女は、それぞれ被害者、容疑者として親を持ちながら、それぞれ20年の時を過ごしていく。二人の成長に合わせて起きる数々の事件は、あの殺人事件とどう繋がっているのか。執拗に事件の真相を追う刑事は真実にたどり着けるのか。

推理小説の面白さも備えつつ、バブル期前後の日本の世相を重ねてながら描かれる20年に、読者も自分の当時を思い重ねるのでしょう。

つぶやき
「白夜行」

  • あなたは俺の太陽だった。まがい物の太陽だった。だけど明日へと上ることをやめない、俺のたった一つの希望だった。(東野圭吾『白夜行』)
  • 白夜行に出てた頃の綾瀬はるかちゃんがめちゃくちゃツボです。 タレ目に細上がり眉 繊細で儚げだけど、意志は強い雰囲気 今もだけど、透明感すごい #白夜行 #綾瀬はるか https://t.co/CTz8vkoHXc
  • 冬になると観たくなるで言うと、白夜行も大好き。 どちらも東野圭吾作品だけど、原作はちゃんと読んだことがないのです。 今度、ちゃんと読んでみようと思った。

関連商品「白夜行」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

「読書」の記事

おすすめの記事