図書館の予約件数でみる人気書籍

今年になって最寄り駅の近くに図書館ができて、本が借りやすくなりました。

ちょっと気なった本はインターネットで図書館のサイトからどんどん予約しています。タダで本が読めるなんてありがたい限りですが、タダゆえの難点もありますね。

たとえば、「人気のある本ほどなかなか借りられない」
あたりまえですが、いつ借りられるんだろうというほど予約件数の多い本があります。
今わたしが予約してる本で「予約件数ベスト3」は

 1位 510件:スタンフォードの自分を変える教室
 2位 217件:伸び続ける子が育つ お母さんの習慣
 3位 186件:はなちゃんのみそ汁

番外として、2011年7月31日に予約した『サラとソロモン 少女サラが賢いふくろうソロモンから学んだ幸せの秘訣』があと5件でした。
長かったw

と、図書館で借りるにはいろいろ不便な点もあり、最近、電子ブックも使い勝手の良さに惹かれてます。
<電子ブックの利点>
・インターネットで欲しい本がすぐに手に入る
・書籍だと分厚くて重い本でも電子ブックなら端末の大きさと重さだけ
・どんなに本が増えても場所を取らず、全部持ち歩ける(容量の上限はあるけど)
・電子ブックならではの機能(検索、ブックマーク、デジタルデータとして扱えるなど)

マンガのコミック本もずいぶん買ったけど、場所をとる上に年月が経つと傷んできて、結局捨てるか古本で二束三文にしかならない。でも、デジタルデータなら保存しやすい。
電子書籍も印刷の手間と材料費がかからないんだか、もう少し値段が下がってくれるといいんだけどなぁ。

つぶやき
「電子書籍」

  • RT @KITAOHJImimi: 「On the way to Living Dead」2巻の電子書籍、10月12日発売です。 よろしくお願いします!待っててくださった方本当に有難うございます!追ってお知らせもあります。 https://t.co/1gyaM7rJks
  • 狭小ゴミ糞豚小屋独房寮のスペースがなさ過ぎて最近電子書籍ばかり買ってるけど電子書籍て読み返しにくい 複数冊を素早く平行して確認できないから資料が電子書籍だとめっちゃやりにくい
  • 電子書籍の出版代行はミクパブ。 Kindle、Kobo、iBooks、Google Play ブックスに配信。 印税収入は販売価格の50%。 原稿買取やアフィリエイトサービスも。 https://t.co/0zarwZf3d0 https://t.co/qBjGvb4d8u

関連商品「電子書籍」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

「読書」の記事

おすすめの記事