世界経済全史

書店で見かけてタイトルから興味が湧いた本。

経済の視点から世界史を学べるということで、何か1点に注目して世界史を見てみると面白い。経済の中心が歴史とともに移動しているというのもよくわかる。

つぶやき
「世界経済全史」

  • RT @ASSY_R1sk: #名刺代わりの小説以外の本10選 サピエンス全史/ユヴァル・ハラリ 嫌われる勇気/岸見一郎 無敵の思考/ひろゆき インプット大全/樺沢紫苑 LOVE理論/水野敬也 ソフィーの世界/須田朗 スマホ脳/アンデシュ・ハンセン 俺か、俺以外か/Rolan…
  • @katayama_s 急激な経済成長をとげたアメリカでは、鉄道のモルガン、石油のロックフェラーなどの新興財閥の力が強かった。 「世界全史」より https://t.co/nzAfyniyCg
  • @katayama_s 資本主義経済は自給自足経済とは異なり、利潤を追い求めて膨張を続ける拡張的な経済システムです。 「世界全史」より https://t.co/enMriDvzBU

関連商品「世界経済全史」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

「読書」の記事

おすすめの記事