教養としてよむ世界の教典

仏教の特徴:因果関係に神が割り込まない

メンツが潰されたとき(恥をかかされたとき?)、人間は最も腹をたてる

釈迦の教えの特徴:ひたすら自分の心を見つめ、苦や迷いを除去する作業に努めるところにある

大乗仏教は「空」を強調、我執の嫌みを抜くこと

怪我をした子に怪我の説明をするより、「痛いの飛んでけ」と唱えたほうが効果的、理屈を理解するのが目的ではなく、実際の効用が大事

たん異抄
あなたが人殺しでないのは、あなたの善なる意思の結果ではない、そのような状況に追い込まれなかっただけで、状況によってはどうなったかわからない
今のあなたは無数にある過去の因縁によるのであって、自分の意思で造りあげたとはいえない

つぶやき
「教養としてよむ世界の教典」

    関連商品「教養としてよむ世界の教典」

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    「読書」の記事

    おすすめの記事