家康、江戸を建てる

書籍紹介から読んでみた。タイトルと違って、家康よりも裏方の人材に焦点を当てた話。

江戸という都市を新しくつくるための治水、通貨、上水、石垣、天守閣の各事業の物語。

伊奈流:自然に逆らわぬ災害予防。人工堤防の力に過信しない河川工事

幼いころから思いつまるな。父の仕事を誰が継ぐかは天が決める。

人間の予定や予想、希望など思い通りにはならない。どうなるか誰にもわからない。

時代の変化)新田開発はなお進められているけれども、いくら田んぼをふやしたところで、それを耕す人工までが急に増えるわけではない。むしろ、米を運ぶことのほうが重要になった

へりくだる人間は仕事もへりくだる。おのれを恃(たの)め、
俺ならできる、俺にやらせろ

銭は商売の血液であり、商売はつねに使い勝手をとうとぶ。理にかなったものが広まる。

分限者(大人、偉い人、、)は、しばしば子供より子供じみたことをする。
報復、嫌がらせ、虚栄、

江戸というのは、水を排し、同時に水を給料しなければ使いものにならぬ土地なのだ。
清水がなければ命が絶える。

水路の工法:ノコギリの歯のように、下がっては上がりを繰り返してすすむ。深く掘る必要がない。大地の上にも引ける。

へきかい:石が割りやすい点

発送の飛翔力。他人が思いつかないことに気がつき、言われてみれば納得できる。

「重さ」という目に見えない力の大きさや向きをみやぶる、見え透き

この世でほんとうに大事なことは議論では決まらない、数字や脅迫や詐術や根回しで決まる。

竹橋交差点:石垣のジグザグ
関口:江戸の入口の関、江戸川公園
井の頭:水源

つぶやき
「家康、江戸を建てる」

  • お正月から会えるなんてこいつはめでたい。 正月時代劇「家康、江戸を建てる」(後編 金貨の町) #林遣都 #正月時代劇
  • 門井慶喜さんの『家康、江戸を建てる』をAmazon Audibleで聴いてるけど、すごく面白い。 今度、江戸城に行きたくなってきた。

関連商品「家康、江戸を建てる」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

「読書」の記事

おすすめの記事