サピエンス全史(下)

サピエンス全史(下)

宗教の役割:脆弱な虚構に、絶対的な基準を与える。人類を超越した存在が道徳や行動の基準を示す。

一神教は秩序を説明できるが、悪の存在を説明できない
多神教は秩序を説明できないが、悪の存在は説明できる

なぜ歴史を研究するか
未来を知るためではなく、視野を広げ、多くの可能性があることを理解するため

同じテクノロジーがあっても差が出る理由・西洋と中国
何世紀もかけて形成された価値観や神話、組織、社会的構造はすぐに模倣したり取り込むことができない

私たちが将来を信頼しているから繁栄できる

クレジット(信用)

利益を投資することで成長できる。貯めこんでは成長できない。

信頼を得るには
約束を守る、個人の権利・財産を守る

豊かな人:注意をはらって資産や投資を管理
貧しい人:本来不必要な消費財を買って借金する

鉄道のため正確な時刻が必要になった。時刻表、時計。ラジオの登場でさらに強化

個人主義になりコミュニティの崩壊

なぜ人類が繁栄したか
認知革命により、多数の見知らぬ者同士が協力し、柔軟に物事に対処する能力「想像力」をもったから

7万年前
認知革命:新しい思考と意思疏通の方法

1万年前
農業革命:狩猟採集から農耕へ。定住、人口増加、集団

貨幣、帝国、宗教

500年前
科学革命:自らの無知を認めることで知識を追求するようになった。

知識の追及は、政治と経済の影響を受け、フィードバックループされる

ギルガメシュプロジェクト
銃・病原菌・鉄 ジヤレッド

つぶやき
「サピエンス全史」

  • RT @kotaro459: #構成主義教育 か…。「サピエンス全史」にあった「人間はフィクションをつくる」という言葉がヒントのような気がする。あとは、どうやって構成主義教育を子どもたちに施すか、かな。 https://t.co/EqtpSA6HSG
  • #構成主義教育 か…。「サピエンス全史」にあった「人間はフィクションをつくる」という言葉がヒントのような気がする。あとは、どうやって構成主義教育を子どもたちに施すか、かな。 https://t.co/EqtpSA6HSG

関連商品「サピエンス全史」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

「読書」の記事

おすすめの記事