脳はなんで気持ちのいいことをやめられないの

サイコパスを借りようとしたらすごい数の予約だったので同じ著者のコミックエッセイから借りてみた。けど借りられたのはサイコパスより後だった。

男は異性を視覚的に選ぶ
女は会話、コミュニケーションを重視。社会的ステータスが上の人が好き

人は自分のことを話しているときが快感

男性の浮気
男性ホルモン、テストステロンが影響、見た目スキルが高いと浮気の可能性も高い、遺伝
ドーパミンをより多く求め快楽に溺れやすい

浮気する4割
浮気しない6割

相手を見つけるには
理想の相手を具体的にイメージする、外見、内面
イメージが明確だと会った瞬間に分かる

ときめき
ドーパミン放出、心拍数があがり血流がよくなり代謝があがる、美肌美髪効果、瞳孔が開き瞳が大きく見える
ドーパミンで脳を麻痺させ子供をつくる、それほど子育ては負担
3から4年で飽きる
ドーパミンがでているときはラブラブ、出なくなると気持ちも態度もが冷める

男性は言葉より動作で通じ合う関係を求める
女性は会話によるコミュニケーションを求める、意見されるよりとにかく話を聞いてほしい

相手への思いやり
ドーパミンが出なくても、セロトニンやオキシトシンが出て安心や幸せを感じる

女性は男性を見た目で選ばない
外見よりも長く安心して付き合える相手を選ぶ
女性はエピソード記憶がいい
女性の脳は不安になりやすい
女性にウソをつかない、マメに連絡

脳を騙してダイエット
水、コンニャク、ガム
食事したことを想像する
ドキドキするとノルアドレナリンがでて満腹中枢を刺激する

男性は性欲をつかさどる中枢が女性の2倍あり、テストステロンは10から20倍

女性は恋愛しているときに性欲もあがる、男性は関係なく性欲がある

メタ認知:自分で自分の行動を客観的にみて、状況を把握する

依存症は浮気と同じ、刺激をこのむ状態
軽い刺激では満足せず強い刺激を求める、それに慣れるとさらに強い刺激を求め、中毒症、依存症に

買い物依存症は、買い物という行動に刺激を感じる、買ってしまうも買ったモノには興味がなくなる

自己評価が低い
一人で活動できない
居場所を見つけられない
ウソをつく
など依存症にないやすい

幸せにはセロトニン
不規則な生活では出にくい
サーカディアンリズム(体内時計)に合った規則正しい生活はメラトニンも上昇(セロトニンから作られる)
良質な睡眠、活性酸素を分解、抗ウイルス作用があり、体によい重要なホルモン

人の悪口は自分にはねかえる、脳が自分の悪口と勘違いする部分がありストレスを感じる、不安になり脳や体がダメージを受け老化につながる、グチを聞く方にも影響がある

見方を変えたり、話したあとはスッキリすると決める、聞いてくれた相手に感謝

他人の不幸は蜜の味
恥ずべき喜び、ではあるが社会的にまとまるためには必要な感情

結果にコミット
結果がでると楽しくなる
小さな目標で結果をだす
なりたい自分を焼きつける
脳は現実と想像の区別がつかない
バランスの良い食事で健康な脳、正しい判断ができる
自己肯定感が増す
自分はできると思える
大きな目標に挑戦できる

男性脳
何のために、どうすれば解決できるか目的思考で問題解決的
空間把握や分析が得意な論理脳
女性脳
感情重視で問題解決もクリエイティブ
コミュニケーション重視の共感脳

女性は問題を解決することより、話を聞いてほしい、共感してほしい

占いはコミュニケーションツール
手相は一回しか使えないので、星占いやタロットカード

人は仲間から外れると制裁したくなる、仲間のふりをするスキルも必要

音楽は脳に影響
聴覚野:音刺激を分析して音楽にする
側坐核:音楽で快感を生む
扁桃体:音楽で感情的な反応
前頭前皮質:音楽の高次な分析
運動野:踊りや楽器の演奏
体性感覚野:運動野と同じ
海馬:音楽に関する記憶
視覚野:楽譜を読む
小脳:運動野と同じ

脳にも個性があり、好きな音楽と性格には関連性がある

脳の作りで素質も違う
前頭前野:自分をコントロールできる
下頭頂小葉:空間認知力がある
上側頭回:人間関係がうまい

流動性知能と結晶性知能
流動性:新しいことに柔軟、生まれながらの力、20代でピーク
結晶性:勉強して蓄積する能力、死ぬまで向上

新しいことを覚えるたきは、他のこと関連すること連想することと合わせると覚えやすい
アウトプットすると記憶に定着

適度なノイズで想像力が発揮される

つぶやき
「脳はなんで」

  • 母親を煽ってしまって煽られ返されてイラつくという不毛な行動をしてしまう、疲れてるとなんでひとは人を煽りたくなるのか… 脳内でア〜〜これダメな流れ…と思うのに口は動くんだよね… 寝よう、。
  • 他にも2.0が無いのを不満に感じてる人って結構いるんだなあ… 他を差し置いたらなんでこいつにって思う人の方が多いと思うのはアンチ脳だろうか

関連商品「脳はなんで」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

「読書」の記事

おすすめの記事