星の王子さま

新訳「星の王子さま」続々 岩波版半世紀、独占権が消滅(asahi.comより)
日本での著作権が今年1月で切れ、これに伴い岩波書店が持っていた独占的な翻訳出版権も消滅。来月から様々な出版社から新訳で出版されるそうです。

しかし、タイトルの「星の王子さま」は、岩波版の故・内藤濯さんのアイデアで、原題を訳すと「小さい王子」なのだとか。そのため新訳版を『星の王子さま』の名前で出版すことに、内藤さん翻訳の著作権継承者は反対してるのですが、著作権の専門家の話では一般的に本の題名には著作権は及ばず、法的に争うことは難しいんだそうです。

本の題名には著作権が及ばないってことが一番「へぇ~」な記事でした。
ちなみに私はまだ読んだことがありません。

ところで新訳版のイラストはどうなるのかな?そっちも気になる。

つぶやき
「星の王子さま」

  • @ragi 星の王子さまの精霊ももう再訪なのかーと思いました。 キャンドル減らないからラッキーだけど、アイテム欲しい精霊が来なくて残念でなんか複雑ですw
  • 星の王子さまミュージアム』 ☆ https://t.co/FHpej9hj2z ☆ @HoshiMuseumTBS #TBS #箱根 #温泉 #花 #季節花 #ガーデン #フラワーガーデン #旅 #ドライブ #レジャー #遊び #ランチ #カフェ #イベント #秋
  • 星の王子さま再訪くるの!?Σ(゚Д゚)

関連商品「星の王子さま」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

「読書」の記事

おすすめの記事