余白の芸術

リウーハン lee ufan

余白に関する書籍を探していて見つけた本。筆者の名前、後から気がついたけど、直島の美術館に行ったことがある。文体が難しくて読みきれなかった。

生きる上で、疎外性の距離は痛みであり力である。
頭で考え手で描き、足であるいて何かを見つける。身体を鍛え、意識を磨きながら、両方を張り合わせつつ製作に挑む。脳中心の発想より体全体で考え創る。
人間は身体的存在であることによって世界内在たり得ている。身体は外界の一部でもある。
写真は一瞬のアングルが問題。対象が何となく写っているだけの写真は何かの証拠になるがそれ以上のものを感じさせない。

つぶやき
「余白の芸術」

  • 余白の美というか、あまりにも芸術作品すぎるんだけどこんなんオマケのクリアファイルにしていいんか??????
  • RT @ayakookada1: 詩は、「本来は言語化しない、出来ない領域」を文学する。 詩は、個人の主観を極限まで高める立派な芸術。主観的で余白がたくさんあるからこそ、名詩は時代を経ても語り継がれやすい。 詩を読むと、アートを鑑賞する時と同じ箇所が刺激される気がします。…
  • 詩は、「本来は言語化しない、出来ない領域」を文学する。 詩は、個人の主観を極限まで高める立派な芸術。主観的で余白がたくさんあるからこそ、名詩は時代を経ても語り継がれやすい。 詩を読むと、アートを鑑賞する時と同じ箇所が刺激される気… https://t.co/8LKiQLJpNW

関連商品「余白の芸術」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

「読書」の記事

おすすめの記事