海賊とよばれた男

生き方が痛快。こんな人の元で働いてみたいと思う。
小我にとらわれず、社員や国民、日本国または他国に対しても正しくあろうという姿勢

・どんなに苦しくても誘惑に惑わされず妥協もしない。
・常に消費者の立場と社員を守ることを考える。
・周囲の反対にあっても全体を未来を見通して実行する。
・負けないためのさまざまな工夫。

失敗や苦境もあとから振り返れば成長の糧だった。
だから今苦しくてもあきらめず、投げ出さず

石油の歴史と近代日本の歴史を学びながら、会社とは仕事とは
小我にとらわれず、社員や国民、日本国または他国に対しても正しくあろうという姿勢
どんなに苦しくても誘惑に惑わされず妥協もしない
常に消費者の立場と社員を守ることを考える
周囲の反対にあっても全体を未来を見通して実行する
負けないためのさまざまな工夫。
失敗や苦境もあとから振り返れば成長の糧だった。
だから今苦しくてもあきらめず、投げ出さず
今の自分は何を目的にしているか、未来が見えているか、見ようとしているか

つぶやき
「海賊とよばれた男」

  • 人気作家、百田尚樹の小説”海賊とよばれた男”の主人公のモデルとなった実業家は誰? 出光佐三(いでみつさぞう)
  • RT @hiroju55: RT ふつーに秋田市内では油田掘ってるよ〜しかも、実家のすぐ側のショッピングモールとか回転寿司屋の隣で(笑) 百田尚樹先生の「海賊とよばれた男」にも出てくるし、最盛期はここはサウジアラビア🇸🇦か!(4枚目)と突っ込みたくなるぐらい掘ってたらしいww…

関連商品「海賊とよばれた男」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

「読書」の記事

おすすめの記事