1/4の奇跡

職場の同僚から「とてもいい本だから」と薦められて、実は義理で読んでみたらホントに良かった。
両親に感謝しよう、他人の気持ちをよく考えよう、今の自分を認めよう、そう思える本です。

本の帯には”世界一わかりやすい、泣ける生命科学の本”という見出がありました。たしかに科学的な視点の話もありますが、感動するのは養護学校の先生と、難病を抱えて生まれてきた子供たちとその家族との交流についてです。

決して、その人たちと今の自分を比べて「自分は健康でよかった」というような感想ではなく、健康であるがゆえに普段気づかない何気ない幸せに気づかせてくれました。

つぶやき
「1/4の奇跡」

  • RT @OuYgLfrSyuEzFht: EF5889一般色における 最終仕業。8104レ 臨時、蔵王磐梯 84.4.30 黒磯 当列車牽引後、廃車予定だったが、休車後大宮工にて全検施工、ブドウ1号 となり奇跡の復活をとげる。最後のひさし取り付けと比較的調子が良好だったことだ…
  • 4%の奇跡 #dbd https://t.co/u3IfgINQRT

関連商品「1/4の奇跡」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

「読書」の記事

おすすめの記事