教養としての「税法」入門

法律って生活するために必要な知識なのに、知らなすぎる、難しすぎる。

六法:憲法、民法、商法、刑法、民事訴訟法、刑事訴訟法

税法という法律はない。消費税法、法人税法、相続税法など個々の税法の総称

実体法、手続法

国税は一税目一法律
地方税は地方税法に集約

税金とは、公益性、強行性、非対価性を満たすもの

性質による分類
所得課税、資産課税、消費課税

税制の基準
公平、中立、簡素
担税力に応じた税負担
民間人の活動、選択に影響を与えない
仕組みを簡潔にする

解釈による違い
文理
条文通りの意味で解釈
目的論的
趣旨や目的を主にした解釈
類推
本来は適用されない別の条文を適用する

つぶやき
「教養としての「税法」入門」

  • 教養としての「税法」入門/木山 泰嗣】タイトルどおり「税法」の本。「税金」の入門書ではなく、あくまで「税法」の入門書。租税法の歴史や主要な判例を通じて税法の考え方や原則を解説している。条文や判… → https://t.co/pvMh7pNycp #bookmeter
  • 教養としての「税法」入門/木山 泰嗣】を読んだ本に追加 → https://t.co/3ob3PNeFQi #bookmeter
  • 【ブログ更新】【読書】教養としての「所得税法」入門ー法人税法は所得税法から独立して誕生した! #税法 #理論 #読書 #教養としての所得税法入門 https://t.co/eEkF5a9vp8 https://t.co/d1Xb2N7BfW

関連商品「教養としての「税法」入門」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

「読書」の記事

おすすめの記事