映画

Ted(テッド)

めざましテレビで紹介されていて、見てみたいと思った映画「Ted(テッド)」

命を与えられたクマのぬいぐるみと少年の物語かとおもいきや、少年もぬいぐるみも年をとって、いいおじさんになってからのお話。ぬいぐるみの可愛らしさとおっさん具合のギャップが笑える。

過激なセリフのせいでR指定というのも面白い。

このted(テッド)のぬいぐるみが欲しいと思ったら、楽天にショップがオープンしてました。個人的にはリュックが欲しいw>ted(テッド)グッズはこちら

ted

誘拐報道

銀座シネパトスのレイトショー・萩原健一映画祭で放映された『誘拐報道』という映画をみてきました。

この映画、1980年に起こった宝塚市の小学生誘拐事件を描いた読売新聞大阪本社社会部の同名ドキュメンタリーを原作としたもの。
1982年(昭和57年)に公開され、第6回日本アカデミー賞で優秀主演男優賞・萩原健一、最優秀助演女優賞・小柳ルミ子、最優秀撮影賞・姫田真佐久を受賞しています。

この日、劇場には監督の伊藤俊也もプライベートで来られていて、急遽上映前の舞台挨拶、上映後には気さくにロビーで撮影の裏話までしてくださいました。

裏話で面白かったのが、監督というのは俳優の演技までコントロールしてるんだなぁということ。


セリフを憶えないけど撮影のなかで演技のテンションがあがるショーケン(萩原健一)と、セリフをきっちり憶えて演技にのぞむ優等生の小柳ルミ子。
ショーケンはテンションが上がりすぎると演技が「やり過ぎ」になり、小柳ルミ子はおとなしい。
そうした人間性の異なるそれぞれの役者から最高の演技を引き出したり、抑えたりする工夫をして撮影したという話でした。

あるシーンでは、本来「カット」がかかる場面でわざとカットをかけず、役者にその後の演技をまかせたそうです。劇中の「役」の気持ちから生まれる演技が計画していたワンシーン以上のものを生み出したとか。
またあるシーンでは、本来の大阪弁としてはメチャクチャでも演技の迫力でOKを出した、とか。
こうして優秀主演男優賞、最優秀助演女優賞を受賞できたんですね。

実はこうした映画の内容も受賞のことも知らなければ、特に萩原健一のファンというわけではなくて、職場の方から薦められて劇場も近いし値段も普通の映画より安いから、と軽い気持ちで見てました。
映画を見る前って、事前に予告や批評が入ってしまいがちですが、そいう事前情報を一切なしで見るのも映画を楽しむ方法の一つかもしれません。

余談ですが、友人から「銀座シネパトスならそんなに混まないだろう」と聞いていたのですが、開場15分前に到着したら入り口(写真の奥)からずらっと入場待ちの行列が。

あわてて整理券付きでチケット購入をしたら整理番号は87番でした。立ち見まではいかなかったものの、席はけっこう埋まった感じです。
この手の企画上映もなかなかあなどれません(^^;

誘拐報道

2010年の映画 見た&見たい

昨晩、ツイッターで知ったのですがTBSラジオ「ライムスター宇多丸のウィークエンド・シャッフル」で今年のシネマランキングをやってたらしく、そのツイート#utamaru を見てたらランクインした映画でいくつか見たくなりました。ついでに自分で見た映画も洗い出してみます。

シネマランキング2010でこれから見たい映画


・ヒーローショー
・息も出来ない
・第9地区
・(500)日のサマー
・ヒックとドラゴン
・インセプション
・ハートロッカー
・ぼくのエリ 200歳の少女
全ランキングはこちら

ランク外だけどツイートをみて
・瞳の奥の秘密
・月にとらわれた男

ランインした中で見た映画
感想を書いた作品はその記事にリンクしてます。
映画館で見た映画
・食堂かたつむり
・踊る第捜査線THE MOVIE3 ヤツらを解放せよ!
・宇宙戦艦ヤマト復活編
・アリス・イン・ワンダーランド
・アイアンマン2
・トイストーリー3
・インビクタス 負けざる者たち

レンタルで見た映画
・シャーロック・ホームズ
・トイストーリー3
・カールじいさんの空飛ぶ家
※カテゴリーの映画・TVで一覧できます。

こうしてみるとシャーロック・ホームズだけ感想書いてなかった。トイストーリー3は映画館とレンタルで2回見てます。
そういえば今年は1月1日にアバターを見たんだっけ。年初の頃は試写会に当選したんだけど最近さっぱり。
来年楽しみなのは攻殻機動隊の3D。

年末の休みだからもう少し映画を見そう。レンタルですけど(^^;
ああ、サラウンドシステム欲しい。

おすすめ 映画

トイストーリー3 感想のおまけ

トイストーリー3の試写会についておまけ。

今回の作品では広報が非常に困ったそうです。
大人が見ても感動できる作品だということをどう伝えたらいいか。

ディズニー、ピクサー作品といえば元々「子供向け」という先入観が強い。ブランド的には成功してるのに、それゆえ別のターゲットに訴求しにくいんですね。
ネタばれもできないし、「不況を乗り切るヒントがここにある」なんて実務的な大人向けキャッチコピーも使えない(理由は「夢を売る会社だから」だそうです。ナルホド)。

こうした裏事情も聞いてしまったので、私もトイストーリー3の感想を書くのは難しかったです。せっかく試写会にお招きいただいたのに申し訳ありません(^^;

で、こっちがおまけ。


試写会が行われたのはウォルトディズニージャパンの試写室。

ということで受付ではミッキーがお出迎え。

撮影もOKだったので遠慮なく撮らせていただきました。


ちょっとだけですが、夢を創る会社のなかを見れてテンションあがりました。

トイ・ストーリー

踊る大捜査線3 感想

『踊る大捜査線3』を観てきたので感想を。


TVからスペシャル、映画とこれまでの要素が全部詰め込まれていて、ファンには細かい場面まで楽しめる、けど詰め込み過ぎかな。

キャラクターも多いから、今回は室井さんの出番も少なめ。時間があれば和久くんももう少し味が出せそう。小栗旬の新キャラもまだ活躍しそうだし続編の期待大!それから和久さんがドラマの中でちゃんと活かされているのがちょっと感動。

こうしたキャラ的な魅力は衰えてないんだけど、ドラマ性がちょっと弱かった気がする。これまでのように上層部と現場のせめぎ合いとか、撃たれたり刺されたりしない分緊迫感も弱め。←何度も使えないから仕方ないけど。

人気なだけに賛否が分かれると思うけど、個人的には久しぶりに湾岸署の雰囲気に浸れるだけで満足でした。

踊る大捜査線

人生に乾杯! 感想

少ない年金暮らしをしていた81歳と70歳の老夫婦が、大切なイヤリングまで手放さなくてはならなくなったのをきっかけに銀行強盗に転身。
でもシロートだからあっという間に身元が割れて、それでも警察の追跡を振り切っていく。そんな老夫婦の姿は、世間の老人たちも応援し始める。
つらい現実に我慢してるだけじゃ状況は変わらない。時には勇気をだして実行しなくちゃ。(もちろんそれが犯罪じゃいけないんだけどね)
ほのぼのしてるのにちょっぴりスリルもあって、楽しめる作品でした。

人生に乾杯

アイアンマン2感想

『アイアンマン2』を観てきたのでその感想。

ま、やっぱり深く考えずに見て楽しめる作品ですね。
CGシーンはやっぱり圧巻。アクションもいいけど、主人公トニーの基地(?)の設備もマイノリティーリポートみたいな近未来のインターフェースが仕事柄興味あるw

それから、ある戦闘シーンで金属の打撃音が印象的なシーンがありました。きっとアイアン(金属)をイメージした演出なんだろうなぁというのがミエミエ。設定として中の人は衝撃を受けないんだろうか。

個人的にはハリウッド映画の「お約束」要素が邪魔に感じました。この作品に恋愛はいらないでしょ(^^;
面白かったんだけど、どうもシリーズモノの作品で「2」っていうのは中だるみしやすいのか、アイアンマンも初回の「1」と比べると感動がイマイチ。

やっぱりアイアンマンも、もう一つくらいは続くだろうな

アイアンマン

のだめカンタービレができるまで

『のだめカンタービレ最終楽章ができるまで』と題したデジハリの公開講座に参加してきました。

スピーカーはプロデューサーの若松央樹さんと総監督の武内英樹さん。
プロデューサー、監督だからこその制作や俳優さんの裏話が聞けておもしろかったです。

2006年にドラマ化されたのだめカンタービレ。原作の魅力を壊さないために、キャラクター・ギャグ・クラシック音楽の三つを軸として、ブレないように制作したそうです。

個性的なキャラクターをどうやってキャスティングしたのか。
のだめ役は全一致で上野樹里さんに。樹里さんは役に入り込んで演じられる女優で、のだめのキャラもいけると思ったそうです。
千秋役の玉木宏さんはまずルックスで。月9も連投で実力も申し分なし。
その他、実力のある若手を集めたかったということで、瑛太さん、氷川あさみさん、小出恵介さんなど今ではドラマで主役を演じるような役者さんがたくさん出演しており、公開中の劇場版ではキャストを揃えるのも苦労したとか。

軸のひとつのオーケストラでも苦労が。ホールも演奏者もだんだんレベルを上げないといけないので、こちらもますますしんどくなったそうです。

演出のエピソードとしては、マンガの要素を表現するため普通のドラマよりもCGやアフレコなどが多用されていて、手間がかかっているそうです。CGはリアルすぎるとギャグならなず、わざとチープな作りにしてB級っぽくしてるとか、のだめが投げれるときの身代わり人形も、あきらかに人形だとわかることでマンガ的な演出になっているのだとか。

ちなにみ24巻が発売されて、ドラマも続編ができますか?という質問には今のところ予定はありませんという回答。ただし、これは予定があってもそういう事になってるとの注釈付きでしたw

のだめカンタービレ

タイタンの戦いx車田正美

今日から公開される映画『タイタンの戦い』、その宣伝ポスターを『聖闘士星矢』になってたw

タイタンの戦いと車田正美さんのポスターコラボとして何パターンかあるみたい。
そのうちホントにマンガを描きそう。

タイタンの戦い

アリスインワンダーランド感想

アリス・イン・ワンダーランドを観てきたので感想を。

アバターに続いて3D映画を楽しんできました。アリス・イン・ワンダーランドは2Dで撮影したものを3Dにしたそうです。

私は登場人物についてアリスとウサギが知らなかったので、予備知識がなさすぎたため最初は物語についていくのがやっとでした。予習として『ふしぎの国のアリス』『鏡の国のアリス』を読んでおくといいかも。

この二つの物語の不思議な世界を、原作のイメージを壊すことなくティム・バートン独特の世界観で再現されていて、『ナイトメア・ビフォア・クリスマス』や『コープスブライド』のようなファンタジーの世界を立体的に見るられるだけも価値ありでした。
ストリー的には子供も楽しめるの分大人には物足りないかな。やっぱり映像を楽しむ映画だと思います。

コミックも発売されていて人気みたい。電車の中で読んでいる人を何人か見かけました。

アリスインワンダーランド

アバター 4月23日発売

アバターのDVD、BD(ブルーレイディスク)が4月23日に発売!

早いですね。まだ上映してるところもあるんじゃないのかな。
普通のテレビで見ても面白いのかな。
どこかのメーカーとタイアップして、3Dテレビの発売に合わせたらよかったのに(^^;

ちなみに私は今年の元旦に劇場で3D版を観てきました。

アバター

南極料理人 感想

DVDで南極料理人を観ました。

地球の極地・南極にある“ドームふじ基地“は標高3800m、平均気温マイナス57度、動物どころかウィルスさえ存在しない過酷な環境。
ここに派遣された料理人が観測隊員8人の約400日の日常を描いた作品。

普通じゃない環境だから、そための生活の工夫があって、普通じゃない環境だから、普通の生活も珍しく見える。そして、どんなところでも食べることだけは楽しみなんだな。

こんな生活って、女性だけだと無理なのかな。

南極料理人は実際に南極観測隊員として南極で調理を担当していた西村淳のエッセイ「面白南極料理人」が原作。劇中に出てくる料理のレシピ本もありました。

南極料理人

インビクタス感想

『インビクタス 負けざる者たち』の試写会へ行ってきたので感想を。


ホント、リーダーの立場にいる方にはぜひ観て欲しい!

インビクタスとはネルソン・マンデラ氏が投獄中に心の支えにした詩のタイトルで“征服されない”と云う意味だそうです。

我が運命を決めるのは我なり
我が魂を制するのは我なり

自分の環境や批判がどんなに過酷でも、、そうした外的な要因はもちろん、揺れ動く自分の感情さえ自分で制する。
そして“征服されない”と同時に“征服しない”という考えとその行動は、いったいどこから生まれたのか。


27年間という長い投獄生活を経て、ついには南アフリカの大統領となったネルソン・マンデラ。
新しい大統領がまず行ったのは“赦す”こと。
これまで自分を迫害してきた立場の者を赦し、その精神を周囲の人間にも広めていった。その態度にはまったく迷いが無く、自然体で当たり前といった雰囲気だから周囲も納得できるのかもしれない。

ただし、指導者としては時に周囲の反対を押し切って行動することも。
突然でかける大統領に警備のメンバーも大慌て、秘書も「周囲からの批判になる」「ほかにもっと重要な要件がある」と止めるなか向かったのはラグビーチームの存続に関わる会議。

この会議では、負けが続く自国のラグビーチームのカラーとエンブレムを変更しようとほぼ全員が賛成。閉会間際に突然現れたマンデラは「変えてはいけない」と力説。皆が気づかずにいる誤った考えを正したうえで「私は皆さんによって指導者として選ばれた。どうか皆さんを導かせてください」と。

マンデラはこの「国の恥」と言われるほど弱いチームを、ワールドカップに優勝させようとする。
ただし、ここでマンディラが行ったのは、お金の出資でも選手の補充でもなく、キャプテンのピナールとお茶会を設け、そこでリーダーシップについての会話をしただけ。

このときマンデラは「優勝して欲しい」など具体的に言わないけど、ピナールはハッキリとマディバの思いを受け取り、キャプテンとして行動していく。ここでもマンディラは一人の人間をつき動かした。


変わるんだという強い意志を持って、
変えることができると信じて、
どんな困難にも負けざる者たち

国を変えることも、チームを変えることも
その運命を決するのは我なり
ぜひ、我が国の首相はじめ政治家全員が鑑賞した上で自分の行動を振り返ってほしいと思う。と同時に私たちもリーダーシップを求めるだけじゃなく、自分が発揮できるよう心がけたい。
なんて、真面目なことを考えさせられる映画でした。

インビクタス

食堂かたつむり感想

映画『食堂かたつむり』の試写会に行ってきたので感想を。


一言でいうと、邦画らしい秀作。

“生きることは、食べること“をテーマに
「いただきます。
 ごちそうさま。」
が、今よりチョットだけ心を込めて言えるようになる映画です。

母娘の関係を主題にしていたようだけど、個人的には料理を“作る、食べる”といったところが印象的でした。


倫子(柴咲コウ)が台所での料理を始める姿は、フェルメールの絵画のような、ちょっと神聖な雰囲気。
食材を前に、じっと目を閉じている倫子はどんな事を考えているんだろう、食べる人と食材をどんな風にイメージしてるんだろう、と想像させられます。

言葉がしゃべれない倫子だからこそ、かたつむり という自分の食堂で料理を通じて思いを伝えられるのかもしれません。
買っていた豚のエルメスをあっさり食べてしまうシーンは、以前に見た映画『ブタのいた教室』とは正反対。生き物を食べるのは当たり前で、残酷とは絶対に言えなくて、そのかわり「食べる」ことに感謝したくなります。

本来の主題にしかたったらしい母娘関係は、ちょっと印象が弱かった気がします。

オカン(余貴美子)の倫子に対する愛情の不器用さが見え過ぎて、観客としては倫子が嫌うほどオカンへの嫌悪感が持てず。
客観的は見やすいけど、感情移入したい人にも物足りないかも。

オカンに対する感情が倫子の同じように感じられたら、後半もっと感動できたかな。と言っても、オカンからの手紙はやっぱり“泣きどころ”

もう少しオカンのバックグラウンドをしっかり見せて欲しかった。

作品としては、ほのぼのして笑える場面もあって、感動できる秀作です。

ポルノグラフィティの歌う主題歌『旅せよ若人』も初めて聴いたけどいい曲でした。
作曲は浜田省吾なんですね。

『食堂かたつむり』を見て、食べ物にスポットを当てた映画『かもめ食堂』も、もう一度見たくなりました。

■かたつむり 食堂メニュー
おばあちゃんのぬか床/エルメスのためのパン/熊さんのためのザクロカレー/お妾さんのためのサムゲタンスープ/桃ちゃんのためのジュテームスープ/おじさんのための洋ナシのサンドイッチ/おじいさんのためのお子様ランチ/ウサギのためのビスケット/ネオコンのためのお茶漬け/披露宴のためのハムとテリーヌ

食堂かたつむり

インビクタス/負けざる者たち 試写会当選!

『インビクタス/負けざる者たち』の特別試写会に当選しました!
いつもははがきで当選のお知らせが届くんだけど、今回はメールで通知が。


監督クリント・イーストウッドと、キャストにモーガン・フリーマン、マット・デイモンという組み合わせが、どんな映画を見せてくれるのかとても楽しみ。

予告編のなかに出てくる言葉も、とても考えさせられます。

我が運命を決めるのは我なり
我が魂を征するのは我なり

インビクタス

食堂かたつむり 試写会当選!

食堂かたつむりの試写会に当選しました。
今年になって2度目の試写会です。ありがたや。


予告編を観たけど、ちょっとファンタジック映像を交えた娘と母のヒューマンドラマっぽいですね。

失恋のショックで声を失った倫子(柴咲コウ)は、母が暮らす田舎へ戻り、小さな食堂を始める。
その食堂には決まったメニューはない。
お客様は一日一組だけ。
その料理はいつしか願いが叶う魔法の料理と評判に。

だけど母親とは馴染めない。
昔から大嫌いだったオカン。
オカンのこと何も知らない倫子。
そんな母からガンであることを聞かされて、
倫子はオカンのために料理を作ろうと決意する。

倫子の料理でオカンの願いは叶うのかな。

「食堂かたつむり」 2月6日(土)より全国東宝系ロードショー

食堂かたつむり

ラブリーボーン 感想

ラブリーボーンの試写会に行ってきました。

場所は新宿・厚生年金会館。
JR新宿駅からだと、ちょっと遠いんですよね。

さて感想
お魚みたいな名前の「スージー・サーモン」。14歳で殺されてしまった彼女が、天国から残された家族が立ち直っていく姿を見守るという話。サスペンス的なドキドキ感とファンタジックな映像は若干あったけど、それ以外はちょっと期待ハズレとしか言えません。結局、何が言いたかったんだろう。

現実的に考えて、故人がどんなに家族を想っても、家族が故人をどんなに想っても、不思議な出来事なんて起こらない。という話にしたかったのか、”奇跡は起こる”って話にしたかったのか分からない。
少女が起こす感動の奇跡・・・そんなのあったかなぁ。

ストーリーに対して、登場人物も役どころがバラバラ。特にフェナマン刑事、リンおばあちゃん、同級生のルースは必要だったのか疑問。

映画を観たあとでチラシを見返すと、かなり内容と紹介文に違いがあって、もしかするとチラシは本編じゃなくて原作を読んで書いたのかも、と思える。

これでアカデミー賞を取るようなら、私の映画鑑賞力が低いってことでしょう。

ラブリーボーン

ラブリーボーン試写会当選!

ラブリーボーンの試写会に当選しました!


「ラブリーボーン」という映画、最初は可哀想でちょっと怖い映画かな、と思っていたけど、予告編を見ると(たぶん)天国の映像がとってもファンタジック。それから、自分は死んでいるけど、残された家族のために何とか連絡・サインを送りたいっていう思いは「ゴースト」を思い出させるかも。

もちろん、まだ見ていないから予告編からの想像だけど、本編がどこまで予告を上回り、予想を裏切ってくれるのか楽しみです。

ラブリーボーン

惑星パンドラに行ってきました

明けましておめでとうございます。
新年最初の記事は映画『アバター』の感想です。


毎年、正月というと家でのんびりTVを見てるのですが、
今年はちょっと趣向を変えて映画を観に行ってきました。

アバターを選んだ理由は3つ
・アバターの世界と3D映像に興味があった
・毎月1日は1000円で観られる。(3D作品はプラス300円)
・ファイナルファンタジーXIIIの3DCMが見られる(1月5日まで)

感想としてはとにかく映像が素晴らしかった。
期待してい行くと「思った程でもない」ってことがよくあるけど、アバターに関しては期待以上。
(3Dに対してはそれほど期待してなかったからかも)

それから3時間という長時間の作品になると、途中で疲れてたりダレてきたりするけど、アバターに関しては最後まで楽しめました。

これまでの大作映画のいいとこ取りをしたような映画で、個人的にはエイリアン、ジュラシックパーク、スターウォーズ、マトリックス、トランスフォーマー、ダンス・ウィズ・ウルブズなんかを思い出すかな。

とにかくファンタジーとSFの要素がギッチリ詰まった作品で、パンドラという異世界を観光しに行くって理由でもみる価値があると思います。

アバター

誰も守ってくれない

事件が起こると犯人がどんな人物なのか、家族は何をしてたんだ、という思いと好奇心がどうしても浮かんでしまいます。自分が何かできるわけでもないのに。
今の世の中、マスコミの執拗な追跡以上に怖いのはインターネットによる一般人の“情報の垂れ流し”なのかも。
【モントリオール世界映画祭最優秀脚本賞】

評価★★★★

誰も守ってくれない