南極料理人 感想

DVDで南極料理人を観ました。

地球の極地・南極にある“ドームふじ基地“は標高3800m、平均気温マイナス57度、動物どころかウィルスさえ存在しない過酷な環境。
ここに派遣された料理人が観測隊員8人の約400日の日常を描いた作品。

普通じゃない環境だから、そための生活の工夫があって、普通じゃない環境だから、普通の生活も珍しく見える。そして、どんなところでも食べることだけは楽しみなんだな。

こんな生活って、女性だけだと無理なのかな。

南極料理人は実際に南極観測隊員として南極で調理を担当していた西村淳のエッセイ「面白南極料理人」が原作。劇中に出てくる料理のレシピ本もありました。

つぶやき
「南極料理人」

  • おすすめのDVDは、、【南極料理人
  • 南極料理人面白い
  • 南極料理人 今度は愛妻家 サマータイムマシン・ブルース キツツキと雨 アフタースクール キサラギ 夢売るふたり etc 大好き #邦画 #友達募集 #フォローしてね

関連商品「南極料理人」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

「映画」の記事

おすすめの記事