誘拐報道

銀座シネパトスのレイトショー・萩原健一映画祭で放映された『誘拐報道』という映画をみてきました。

この映画、1980年に起こった宝塚市の小学生誘拐事件を描いた読売新聞大阪本社社会部の同名ドキュメンタリーを原作としたもの。
1982年(昭和57年)に公開され、第6回日本アカデミー賞で優秀主演男優賞・萩原健一、最優秀助演女優賞・小柳ルミ子、最優秀撮影賞・姫田真佐久を受賞しています。

この日、劇場には監督の伊藤俊也もプライベートで来られていて、急遽上映前の舞台挨拶、上映後には気さくにロビーで撮影の裏話までしてくださいました。

裏話で面白かったのが、監督というのは俳優の演技までコントロールしてるんだなぁということ。


セリフを憶えないけど撮影のなかで演技のテンションがあがるショーケン(萩原健一)と、セリフをきっちり憶えて演技にのぞむ優等生の小柳ルミ子。
ショーケンはテンションが上がりすぎると演技が「やり過ぎ」になり、小柳ルミ子はおとなしい。
そうした人間性の異なるそれぞれの役者から最高の演技を引き出したり、抑えたりする工夫をして撮影したという話でした。

あるシーンでは、本来「カット」がかかる場面でわざとカットをかけず、役者にその後の演技をまかせたそうです。劇中の「役」の気持ちから生まれる演技が計画していたワンシーン以上のものを生み出したとか。
またあるシーンでは、本来の大阪弁としてはメチャクチャでも演技の迫力でOKを出した、とか。
こうして優秀主演男優賞、最優秀助演女優賞を受賞できたんですね。

実はこうした映画の内容も受賞のことも知らなければ、特に萩原健一のファンというわけではなくて、職場の方から薦められて劇場も近いし値段も普通の映画より安いから、と軽い気持ちで見てました。
映画を見る前って、事前に予告や批評が入ってしまいがちですが、そいう事前情報を一切なしで見るのも映画を楽しむ方法の一つかもしれません。

余談ですが、友人から「銀座シネパトスならそんなに混まないだろう」と聞いていたのですが、開場15分前に到着したら入り口(写真の奥)からずらっと入場待ちの行列が。

あわてて整理券付きでチケット購入をしたら整理番号は87番でした。立ち見まではいかなかったものの、席はけっこう埋まった感じです。
この手の企画上映もなかなかあなどれません(^^;

地図

つぶやき
「誘拐報道」

  • 通勤途中に会社ズル休みするって決めちゃって人に会わんように試行錯誤しながら家に帰ろうとした途中に兄妹の子供誘拐してたしめっちゃ楽しく遊んでてでも女の子の方が帰りたいなぁってポソッと言ったからその子達のお家探そうとするんだけど捜索願も報道もされてなくてめちゃ困る夢
  • RT @kaminoishi: 静岡県警焼津署がTBS社員の余卿(よきょう)容疑者を未成年者誘拐容疑で逮捕。まあ名前見ればわかりますが中共人、だからなのか当のTBSはじめ他のマスメディアも敢えてなのか中共人とは報じません。普段は正確なニュースと言いながら、犯罪に正確な人種の報道…
  • 36年前の9月25日 茨城県で「夏の秘密」が封切り されました。 朝イチ一回限りの上映で 同時上映は「コールガール」と 「誘拐報道」地方ではありがちな 公開方法ですね。🐶 https://t.co/sQQk41ZTjf

関連商品「誘拐報道」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

「映画」の記事

おすすめの記事