Graphic Means

FONTPLUS DAYセミナー Vol.14にて、DTP以前のグラフィックデザイン・製版の歴史を、貴重な映像とインタビューで辿るドキュメンタリー映画 『Graphic Means』上映会に参

1445:グーテンベルグ、活版印刷を発明。聖書を印刷して販売する



1886:マーゲンターラー1行分を鋳植する「ライノタイプ」を発明
 ページに活字を埋める
 時間との戦い
 写植は大変な作業

|500年間、活版印刷が主流だった

1950:オフセット印刷の研究
 時間​と​経費​を​節約​し,品質​を​自分​で​管理​できる
 印刷物のなかで写真の重要性が増してきた
 中小の印刷会社、新聞社はオフセットを導入するが、大手は昔のまま

1970:印刷のコンピュータ化

1985:Appleマッキントッシュ発売

2000:インターネットの普及

2010:スマホの普及
———-
印刷がデジタル化され、デザインする際に腕、手、指先など身体を使わなくなった
誰でもデザインし印刷、配信できるようになったが、そのぶん粗悪なデザインが増えた
———-

つぶやき
「Graphic」

  • RT @araki_hayato: 撮影させてもらった広告、 夜空に浮かび上がる DARS 見に行って来たぜ! #DARS #広告 #横浜流星 #graphic #撮影 #荒木勇人 https://t.co/bhSbOdIfuK
  • 新バンドグッズ発表 野月カルテット ゴールド 汗染みも気にならない https://t.co/ZwFp9uQcut
  • RT @6HPMPLP6: 12/4から渋谷PARCOで開催する最果タヒさんの個展のモーションフライヤーの動かしを担当しました(graphic design:佐々木俊) 意味不明な図形を意味不明に動かす仕事の贅沢さを噛み締めながらキーフレームを打ち込みました。 https:/…

関連商品「Graphic」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

「映画」の記事

おすすめの記事