リーン・イン

「ZERO to ONE」で紹介されていた本。Google、Facebookで活躍した女性が、女性の社会進出のアドバイス的な本。
男性だと気づかないことが多々ある。

ZERO to ONE

職場の方のイチオシということで読んでみた。

神経経済学

想像してた内容と違ったが、体を仕組みを知るには面白い本だった。メモなし。

ワークシフト

2025年の未来はどうなっているか。生活、仕事、価値観がどう変わっているか、どう変えていくか。

スタンフォードの自分を変える教室

本屋の平積みをみて図書館で予約。すごく待った。
自分の脳には2人いるというのが面白い。
疲れや欲は脳が安全なレベルで発生させるから、本当の限界や我慢はまだ出来る。

影響力の武器

読んだきっかけはなんだったかなぁ、、、

UNIXの設計思想

設計思想が今のアジャイル開発とよく似ている。

一商人として

イトーヨーカドーの社長・伊藤雅俊が読み感銘を受けたというので読んでみた。
新宿中村屋の歴史と社員へ向けた商売に対するメッセージ。

伊藤雅俊の商いのこころ

「ブックオフ」や「俺のイタリアン」などを起業した社長が、イトーヨーカドーの社是を参考に参考にしているというので読んでみた。
朝日に連載された「私の履歴書」をまとめた本。

魂の経営

富士フイルムの社長の本。デジタルカメラの登場であっという間に需要の減った写真のフイルム。
「写ルンです」「フジカラープリント」などフイルムを収益の柱としていた富士フイルムがどうやって事業転換を成功させたのか。

おまえなんかもう死んでいる

人気絶頂から一発芸人並みにどん底に落ち、それでもなんとか這い上がってきた有吉の自伝。
ちょうど絶頂期も這い上がってくる時期もテレビで見ていた

    23456
    1/最初-7/最後