気になる科学

科学エッセイ。かなり著者の日常も含まれていて気軽に読める。

捕鯨は非難するが、馬刺を非難しないのはなぜか、馬は人間が繁殖をコントロールできる経済動物だから。

擬似科学:何か凄そうなだと思わせてしまう、根拠のない科学

日本は世界でも突出して自殺が多い

口に出すと記憶が定着しやすい
初対面の人の名前など

エレベーターの閉じるボタン、世界では特殊
必要ない人が我先に乗り込み、必要な人が取り残される

一隅を照らす
自分ができることはささやかだが、たった一人の誰かの役にたったり、救うことができれば、それは尊い仕事。

小学生からの質問:宇宙に行くお金でもっと他のことができるのでは
宇宙飛行士の古川:大航海時代、人々が海の向こうに何があるのかを知りたくて船を出した。同じように、宇宙に進出することで人や地球を客観的に見ることができ、地球と共に生きていくという考え方が広がると思う。

行けば儲かる、損する、という価値観を越えた価値

有人宇宙機開発、緒川:本当に好きなことなら頑張れる。無理というまえにやることがたくさんある

ファラデー、実験に対して、役にもたたないつまらないこと、といわれ:
生れたばかりの赤ん坊が、なんの役にたつというのか。

食べないからといって、頭と尻尾がないんじゃ、タイの塩焼きもありがたみがない。

不気味の谷:ロボットが人間に似てくると、ある境界線を越えたとき不気味に映る

災害はどこかはわからないが、必ずやってくる。非難用品の備え

一度目より二度目
最初は上手くいかなくて当たり前、敗因を突き止めて二度目に成功すればいい

大衆の反逆 オルテガ

つぶやき
「気になる科学」

  • RT @_keroko: 最近ちょっと気になるんだけど、ニセ科学批判と「自然派ママ」ってセットになる場面が多くて、ジャッジされる母親言説がそこで何の保留もなしに使われてるところが嫌なんですよね。ウェブ記事やコラムも多いし、そういうの。「自然派にこだわって妻が家を出ていった」みた…
  • #操兵ワールド あの頃の小さな私は気が遠くなるほど昔の文明に思いを馳せ太古の科学技術に憧れていた。 科学技術が国で禁忌となっていた事なんて部族を飛び出すまで知らなかった。 幼かった私は今の私と比べると何も知らなかったと思う。 鋼魔… https://t.co/mPgTH61Yyl
  • RT @_keroko: 最近ちょっと気になるんだけど、ニセ科学批判と「自然派ママ」ってセットになる場面が多くて、ジャッジされる母親言説がそこで何の保留もなしに使われてるところが嫌なんですよね。ウェブ記事やコラムも多いし、そういうの。「自然派にこだわって妻が家を出ていった」みた…

関連商品「気になる科学」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

「本」の記事

おすすめの記事