魂の経営

富士フイルムの社長の本。デジタルカメラの登場であっという間に需要の減った写真のフイルム。
「写ルンです」「フジカラープリント」などフイルムを収益の柱としていた富士フイルムがどうやって事業転換を成功させたのか。

写真文化を守ることを企業の目標としつつも、化粧品や医療品などこれまど違った分野へも進出。
フイルム事業の衰退に加え、リーマンショック、円高など次々と起こる危機。
こうした危機をすべて乗り越えてきた経営者が語る心構えや行動指針など。
特に身にしみたのは「現実と向き合う」「やらなければならないことは必ず実行する」

つぶやき
「魂の経営」

  • RT @ToMsJookJoint: 【#MarathonContinues】 3/31日にロサンゼルスのグレンショーで自身の経営していたアパレルショップの外で銃撃にあい亡くなったラッパーのNipsey Hussleに会いに行き黙祷をしてきました😿🙏 彼の肉体は無くなっても…
  • RT @nankuru28: 金子みすゞの「みんなちがってみんないい」は、父を亡くし、養父に会社経営の駒としての結婚をしいられ、DVモラ夫に虐げられ、離婚を夢見るが娘を奪われようとしたため、夫に娘を渡さないために、命を賭して服毒自殺した女の、「魂の叫び」として、ある。
  • 昨日、無事に第16期の経営計画発表会ができました! 経営計画書にも魂を込めて、今期も社員と一緒に成果にこだわって頑張ります! 準備してくれた社員にも感謝です^_^ https://t.co/SVOnRpfMen

関連商品「魂の経営」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

「読書」の記事

おすすめの記事