魂の経営

富士フイルムの社長の本。デジタルカメラの登場であっという間に需要の減った写真のフイルム。
「写ルンです」「フジカラープリント」などフイルムを収益の柱としていた富士フイルムがどうやって事業転換を成功させたのか。

写真文化を守ることを企業の目標としつつも、化粧品や医療品などこれまど違った分野へも進出。
フイルム事業の衰退に加え、リーマンショック、円高など次々と起こる危機。
こうした危機をすべて乗り越えてきた経営者が語る心構えや行動指針など。
特に身にしみたのは「現実と向き合う」「やらなければならないことは必ず実行する」

つぶやき
「魂の経営」

  • RT @oshibasan_: すげ!わたし、添乗員時代に、諸外国から学んだ✨💫ゆるゆる接客導入しとる!←経営者陣はスルーやけど、一部の 同僚らから影で なんこさ言われてるけど💛(陰口言う あんたらの100倍、接客時には魂入れてるわ) https://t.co/zJukTPKA…
  • 両親が大金と愛情と手間を掛けて育てた若者を、ブラック企業はほんの1〜2年で過労自殺や鬱病に追い込んで平然としている。低賃金不安定雇用の非正規労働者に落ちこぼれたくなかったら、毎日夜中まで残業代無しで働け。竹中平蔵の極悪非道な魂が乗り移ったゾンビ経営者が跳梁跋扈する日本の現状。
  • RT @oshibasan_: すげ!わたし、添乗員時代に、諸外国から学んだ✨💫ゆるゆる接客導入しとる!←経営者陣はスルーやけど、一部の 同僚らから影で なんこさ言われてるけど💛(陰口言う あんたらの100倍、接客時には魂入れてるわ) https://t.co/zJukTPKA…

関連商品「魂の経営」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

「読書」の記事

おすすめの記事