狭さの美学

狭さの美学

タイトルが面白そうで借りてみた。もっと建築学的な内容を期待してた。

広さは
必要な広さと、欲望的な広さ
消費欲、所有欲、独占欲

仕事のための狭さ
集中できる

榎と綽名
あだ名の元となっている榎を切っても切り株が、切り株がを抜けばその跡があだ名となつてしまった。
自分の希望と関係なく、世間が呼びやすいあだ名をつける。深い理由などないようで、実は本質をついている。
内面や行動が空疎なら、安易な名前でしか呼ばれない。

かたちにこだわらない、弱さを見せられるのが本当の強さ。強さをもたない人間はかたちにおいて強がってみせる。

用なき所
どのような機能にも従属しない空間
何もしないボンヤリできる空間
余白のような場所

北向の窓:一日中安定した光が入る
障子からの採光による美的な効果
部屋に入る光の強さや角度

露地の落ち葉:残らず掃いてしまっては味わいがない。一度きれいに掃除して、その後に散り落ちる葉はそのままに。
自然と人工のさじ加減

持ち物を最小限にとどめることで、自分らしく生きることができ、清清しい解放感がある

狭さ
どうしようもない事情と同時に、創意工夫の成果としての心地良さ

書斎や仕事部屋の狭さ
他人には乱雑でも本人には意味がある。乱雑にしておけるという自由がある。

白洲正子
骨董は、わかってしまったら、もう持っている必要はない。
美を学び終えたら、自分のなかに学んだ美意識が残ればよい

ベンチ、置かれている場所によって目的や意味、歴史に違いがある

狭さ
無駄の排除、最小限のコスト、自分の意識の届く範囲、制限のなかの自由、他人との境界、自分事への集中、
創意工夫や時間経過の結果として効率的で居心地良い

四畳半
曜変天目茶碗
小さな風景からの学び 乾久美子
小屋の肖像 中里和人

  • 楽天で商品をみる
  • アマゾンで商品をみる

コメント

  1. トレノより:

    ここにコメントが表示されます。お気軽にコメントください!

    名前とメルアドは必須(★)でお願いしてます。

コメント用フォームを開く

つぶやき
「狭さの美学」

  • ■日本:ARTに対する認識の狭さ ▼「美学」に関し、科学的領域からアプローチ ・音響のパタンと体内時計の動機 ・リズムとタイミングに支配された外界との調和 ・数理的関数 →しかし日本においてのアーティストの位置は非常に狭隘であ… https://t.co/tqlQkqPGGm
  • RT @megudragon777: 舞台バクステ!いいもの観た! 成さんの器の大きさというか、美学というか、芝居への愛情が感じられて、とてもいい舞台でした。 改めて自分の浅さとか視界の狭さを感じたり、色んな人に感謝したり、コバケンさんで涙したり、ああ舞台ってやっぱりいいなと思…
  • RT @megudragon777: 舞台バクステ!いいもの観た! 成さんの器の大きさというか、美学というか、芝居への愛情が感じられて、とてもいい舞台でした。 改めて自分の浅さとか視界の狭さを感じたり、色んな人に感謝したり、コバケンさんで涙したり、ああ舞台ってやっぱりいいなと思…
  • RT @megudragon777: 舞台バクステ!いいもの観た! 成さんの器の大きさというか、美学というか、芝居への愛情が感じられて、とてもいい舞台でした。 改めて自分の浅さとか視界の狭さを感じたり、色んな人に感謝したり、コバケンさんで涙したり、ああ舞台ってやっぱりいいなと思…
  • 舞台バクステ!いいもの観た! 成さんの器の大きさというか、美学というか、芝居への愛情が感じられて、とてもいい舞台でした。 改めて自分の浅さとか視界の狭さを感じたり、色んな人に感謝したり、コバケンさんで涙したり、ああ舞台ってやっぱり… https://t.co/swHTZOZVtr