リーン・イン

リーン・イン

「ZERO to ONE」で紹介されていた本。Google、Facebookで活躍した女性が、女性の社会進出のアドバイス的な本。
男性だと気づかないことが多々ある。

キャリアマネジメント
・リスクをとる
・成長に賭ける
・チャレンジする
・要求する

Googleの社内ポスター
・運は勇気ある者に味方する
・とりあえず始めよう、大胆に
・怖がらなければ何ができる?
インポスターシンドローム(自分の能力や実績を認められない傾向のこと)
@LEANINORG

本音のコミュニケーション
本音は聞こうとして聞いても耳が痛い
 ユーモアをまぜて。ユーモアのセンスは上司に必要。
 こちらから聞かないと、相手からはなかなか話してくれない。
 相手の意見、周りの意見を聞く。インタビューを受たあとにインタビュアーに聞くくらい。
上司部下のコミュニケーションはどんなに気をつかっても垣根は取り払えない。
 誤解もある。だからこそコミュニケーションが大切。
自分らしさを表すことも大切
 感情、家庭の事情、自分の弱さなど抑えてしまうようなことも。

保育費はキャリアへの投資
女性は聡明で意欲的であるべき
公平であろうとし
家庭でも自分の役割を果たしたいと考える男性

制約がある中で最適化に取組む時間というリソースをうまく配分する
時間は有限の希少資源
シャロンポッター

会社は社員に要求し続ける。だから社員はどれをしてどれをしないか、自分で決めなければならない。要求を全てこなそうとしないこと。
ラリーカナレック

仕事のクオリティに対して報酬を払うのであって勤務時間の長さに払うのではない。
コリンパウエル

力を持つものが名詞を獲得し、それが標準となる。力のない者には形容詞が付く。
グロリア スタイネム

気づいていないことを変えることはできない。だが、いったんきづけば必ず変えられる。

バイアス、思い込み、自己否定で可能性をつぶさない。他人に対しても。

  • 楽天で商品をみる
  • アマゾンで商品をみる

コメント

  1. トレノより:

    ここにコメントが表示されます。お気軽にコメントください!

    名前とメルアドは必須(★)でお願いしてます。

コメント用フォームを開く

つぶやき
「リーン・イン」

  • 「LEAN IN(リーン・イン) 女性、仕事、リーダーへの意欲」著者:シェリル・サンドバーグ 女性の社会進出が活発だと思われているアメリカも政府や企業のリーダーの大多数は男性で、女性の声が平等に反映されにくい状況が続いている。FacebookのCOOが書いた全米大ベストセラー。
  • RT @polarbear_2017: ”リーン・イン”の著者、Facebook COO シェリル・サンドバーグ https://t.co/XCgPU4btWm
  • リーン・イン”の著者、Facebook COO シェリル・サンドバーグ https://t.co/XCgPU4btWm
  • LEAN IN(リーン・イン) 女性、仕事、リーダーへの意欲 by シェリル・サンドバーグ https://t.co/2lkSBH3aQT … via @AmazonJP https://t.co/jIHrmK2LfP
  • LEAN IN(リーン・イン) 女性、仕事、リーダーへの意欲 https://t.co/dP2RYgftke 2018/1/13 8:30:0