二人で一人の天才

二人で一人の天才

きっかけは書籍紹介。何に関しても個人の成功を書いた本が多いなか、二人による共同作業での成功を焦点にした。

出会い、縁、人が人をつなぐ
同じ空間、非言語コミュニケーションの重要性

3種類のペア
・非対称、師弟関係
・個別性、同等
・明示性、共同

生き方の知能指数

感想
ぜひ藤子不二雄先生も載せてほしかった。

  • 楽天で商品をみる
  • アマゾンで商品をみる

コメント

  1. トレノより:

    ここにコメントが表示されます。お気軽にコメントください!

    名前とメルアドは必須(★)でお願いしてます。

コメント用フォームを開く

つぶやき
「二人で一人の天才」

  • RT @uedakun_new: #2018本屋大賞ノミネート作『たゆたえども沈まず』原田マハ(幻冬舎) 1886年、栄華を極めたパリの美術界に、流暢なフランス語で浮世絵を売りさばく一人の日本人がいた。天才画家フィンセント・ファン・ゴッホと、商才溢れる日本人画商・林忠正。二人の…
  • RT @uedakun_new: #2018本屋大賞ノミネート作『たゆたえども沈まず』原田マハ(幻冬舎) 1886年、栄華を極めたパリの美術界に、流暢なフランス語で浮世絵を売りさばく一人の日本人がいた。天才画家フィンセント・ファン・ゴッホと、商才溢れる日本人画商・林忠正。二人の…
  • RT @uedakun_new: #2018本屋大賞ノミネート作『たゆたえども沈まず』原田マハ(幻冬舎) 1886年、栄華を極めたパリの美術界に、流暢なフランス語で浮世絵を売りさばく一人の日本人がいた。天才画家フィンセント・ファン・ゴッホと、商才溢れる日本人画商・林忠正。二人の…
  • #2018本屋大賞ノミネート作『たゆたえども沈まず』原田マハ(幻冬舎) 1886年、栄華を極めたパリの美術界に、流暢なフランス語で浮世絵を売りさばく一人の日本人がいた。天才画家フィンセント・ファン・ゴッホと、商才溢れる日本人画商・… https://t.co/q7Cvmvcekj
  • RT @miinorato: 左翔太郎はハードボイルドな台詞や振る舞いを好むけど 猫探しの依頼に付き合ったり子供に酷な真実を伝え切れず嘘を貫き通したり 気の良い街のにいちゃんで、でも優しさだけじゃ全ては解決しない…だから隣に天才少年フィリップがいて丸く収まる…二人で一人のダブル…