一商人として

イトーヨーカドーの社長・伊藤雅俊が読み感銘を受けたというので読んでみた。
新宿中村屋の歴史と社員へ向けた商売に対するメッセージ。

中村屋の中心となって支えた奥さんも本を出している。
身の丈を心がけ細心の注意を払い顧客第一という点はなるほど伊藤と同じだと思う。
また古い慣習を疑い、会社経営も社員第一に新しい制度なども導入。
利益を出すことは必須だけど、決して利益のみを追わない。
店員を家族のように。

つぶやき
「一商人として」

  • 運動を止められるので鶏は肥って肉は柔かになる。 (相馬黒光 『一商人として ――所信と体験――』より) #aozoratanka
  • #チコちゃんに叱られる 手塚治虫先生のブッダだと インド一の金持ちの商人が、王子に対して自分の財を見せつけようと黄金を敷き詰めようとして失敗し その後自分のやって来た事の虚しさを悟る商人が救われる話でした
  • メイド姉のあれはまあ一思想としてはありだけど、その直後に青年商人が経済戦争始めだすので地獄

関連商品「一商人として」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

「読書」の記事

おすすめの記事