帝都物語

荒俣宏原作のSF小説。明治から近未来の東京を舞台に、呪術を駆使して東京を壊滅させようとする怪人・加藤保憲と、その時代の文豪・幸田露伴、寺田寅彦、三島由紀夫などが対決する物語です。おかげで近代日本史と文学に多少なりとも興味を持ち、渋沢栄一の伝記や泉鏡花の『高野聖』を読むきっかけになりました。SFオカルト的な面だけでも面白くて、「フランフォーファー線の曇り」「永遠の満月の方程式」など、目次のタイトルだけでも内容が気になり、一気に読みました。

「魔王編」では加藤はちょっとお休み中で、昭和11年の2・26事件が主題になり、北一輝、高橋是清、甘粕正彦、石原莞爾などが登場するという場面もあります。

著者は最近、コメンテーターとしてよくテレビに出演していますが、小説のほうもまた書いて欲しいです。

つぶやき
「帝都物語」

  • もっぺん「帝都物語」冒頭を見返してみてわかった!!これ、ハッキングシーンだ!敵のハッキングで本部の攻勢防壁を突破れて周りの部下は電脳焼かれてヒクヒクしてて敵の顔がメインモニターに映る的な!全部を陰陽に置き換えてる、凄く燃えるハッキングシーンなんだよ!カメラワークもそれっぽいし!
  • @kuunich1 最初に荒俣宏の帝都物語から入ったので加藤保憲がおどろおどろしいかったなぁ。

関連商品「帝都物語」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

「読書」の記事

おすすめの記事