帝都物語

荒俣宏原作のSF小説。明治から近未来の東京を舞台に、呪術を駆使して東京を壊滅させようとする怪人・加藤保憲と、その時代の文豪・幸田露伴、寺田寅彦、三島由紀夫などが対決する物語です。おかげで近代日本史と文学に多少なりとも興味を持ち、渋沢栄一の伝記や泉鏡花の『高野聖』を読むきっかけになりました。SFオカルト的な面だけでも面白くて、「フランフォーファー線の曇り」「永遠の満月の方程式」など、目次のタイトルだけでも内容が気になり、一気に読みました。

「魔王編」では加藤はちょっとお休み中で、昭和11年の2・26事件が主題になり、北一輝、高橋是清、甘粕正彦、石原莞爾などが登場するという場面もあります。

著者は最近、コメンテーターとしてよくテレビに出演していますが、小説のほうもまた書いて欲しいです。

つぶやき
「帝都物語」

  • @kinkinkinniki 皆で考察とかギルド戦とまた違う一体感あって大好きです!ほんと帝都は物語は勿論BGMや背景も最高でした…ミッチー実装もいつか…!清明は玉藻曰く暗黒イケモンですもんねwコヤン戦で来るかもって期待も!マシュ… https://t.co/1NKFGNzRsA
  • 荒俣宏の帝都物語の映画をみてるのです。 やばいです。
  • @y12divo 帝都物語とかよく出てきますね。周囲が工事しているためか、その碑の前でおがんでいたら、パーっと風が吹いてきて、あんまりそういうの好きじゃないから、関わらない、関わらないって、退散しました。そういう所好きな人もいるけ… https://t.co/qTy4b1TZQS

関連商品「帝都物語」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

「読書」の記事

おすすめの記事