壬生義士伝

同僚から紹介された本。

p212
貧と賤と富と貴とが、けっして人間の値打ちを決めはしない。
人間たるもの、なかんずく武士たる者、男たる者の価値はひとえに、その者の内なる勇気と怯懦とにかかっているのだ。
p250
道化はな、曲芸師よりずっと芸が上手なんだよ。
誰よりも上手だから道化ができるんだ。
p315
何も戦にかぎらず、人生なんてそんなものかもしれません。
倒れていたらとどめを刺されるんです。
死にたくなかったら、立ち上がって前に出るしかない。
p377
他人の痛みはわかってやりながら、自分の痛みはけっして他人に悟らせようとしない。

つぶやき
「壬生義士伝」

  • 「 私の先輩方は、不作の年でも百姓が飢えて死なずにすむ稲を作りました。……」――吉村貫一郎(「壬生義士伝」)
  • 他人の痛みはわかってやりながら、 自分の痛みは決して他人に悟らせようとしない。 あの人は何の理屈もなく そういう武士道を生きた人だったんです。 by 壬生義士伝

関連商品「壬生義士伝」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

「読書」の記事

おすすめの記事