壬生義士伝

同僚から紹介された本。

p212
貧と賤と富と貴とが、けっして人間の値打ちを決めはしない。
人間たるもの、なかんずく武士たる者、男たる者の価値はひとえに、その者の内なる勇気と怯懦とにかかっているのだ。
p250
道化はな、曲芸師よりずっと芸が上手なんだよ。
誰よりも上手だから道化ができるんだ。
p315
何も戦にかぎらず、人生なんてそんなものかもしれません。
倒れていたらとどめを刺されるんです。
死にたくなかったら、立ち上がって前に出るしかない。
p377
他人の痛みはわかってやりながら、自分の痛みはけっして他人に悟らせようとしない。
P???
人の器を大小で評すならば、奴は小人じゃよ。侍の中では最もちっぽけな、それこそ足軽雑兵の権化のごとき小人じゃ。しかし、そのちっぽけな器は、あまりに硬く、あまりに確かであった。おのれの分というものを徹頭徹尾わきまえた、あれはあまりに硬く美しい器の持ち主じゃった。

つぶやき
「壬生義士伝」

  • @souhakurumi #好きな映画ベスト3 1,羊たちの沈黙 2,壬生義士伝 3,トップガン
  • 血だらけ瘤だらけで揉み合う二人を一門総出でようやく引き離し、床に組み伏せた。それでもたがいに侍にはあるまじき悪口雑言、いやはやまったく野良犬の喧嘩じゃった。 沖田と立ち合ったのはその一度きりよ。(壬生義士伝
  • 「おもさげながんす」――吉村貫一郎(「壬生義士伝」)

関連商品「壬生義士伝」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

「読書」の記事

おすすめの記事