けっきょく、よはく

余白の扱い方を考えたくて読んでみた。

整理された情報
よく練られたデザイン
余白のとりかた、使いかた

余白とは
何もない、空間、距離、間(ま)、余韻

優れたデザインを分析して自分のものにする

メインで使うフォントの印象が重要

ジャンプ率
本文と見出しとの文字サイズの比率

雰囲気を表す言葉
おしゃれ、たのしい、かわいい、あんしん、おいしい、カジュアル、高級、シック、落ち着き、シンプル、健康、

デザインの手順
決める
・目的、主題
・キャッチコピー、印象、イメージ
選ぶ
・色、文字、写真、素材
組む
・情報をグループ分け、大きさ、位置順番、
調整
・イメージ、バランス、トーン

つぶやき
「けっきょく、よはく」

  • けっきょく、よはく。 余白を活かしたデザインレイアウトの本 https://t.co/y0ptdd1XZa 先日買ったこの本を使って、デザインの考察をしていこうと思います( •̀ω•́ )و 著作権のお勉強もついでにしていこうかな。
  • けっきょく、よはく。』の余白デザインの知識は、『デザイン入門教室』勉強しながらなんとなく落とし込めてきた やってることはたった一つで、グループ化と整列による構造化 「デザインはセンスじゃない」って書いてある理由がぼんやりと掴めてきたぞ
  • RT @aksrtmg: 「けっきょく、よはく。 余白を活かしたデザインレイアウトの本/ingectar-e/ソシム株式会社」読了。 NG作例、OK作例を並べ、問題点と修正案、他の作例とアドバイスで一項目6ページ構成の本。作例が充実していて見ていて楽しいし、ポイントポイントわか…

関連商品「けっきょく、よはく」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

「読書」の記事

おすすめの記事