影響力の武器

読んだきっかけはなんだったかなぁ、、、

自動的反応
ある条件では人は思考する手間を省き、深く考えずに行動することがある。

返報性
ギブアンドテイクという言葉が成り立つように、世の中は基本的に性善説で成り立っている。最初にギブされたらテイクせずにいられない。

コミットメント
人は自分が選んだことを正当化し一貫して行おうとする。選ばせる(選んだと思わせる)ことで、有利に働かせる。

社会的証明
他の大勢が評価していることを自動的に認めてしまう。

好意
好意を持たれている相手には好意的になる。

権威
スーツ、アイテムなどの身なりで判断してしまう。立場や役職が上の者の言うことに従ってしまう。

稀少性
「限定」「わずか」など数が少ないものは価値があるように思え欲しくなる。

つぶやき
「影響力の武器」

  • https://t.co/GWNJRvE0kh コンサル転職・就職必読書【影響力の武器】のご紹介 論理思考や仮説思考だけを学んでも、コンサルにとって最も重要な「説得力」は身につかない 「説得力」は人生で一番役に立つスキル 極… https://t.co/L7QlSMtCzX
  • 影響力の武器 本当に勉強になるわ これ勧めているDaiGoさんを色々見てきた結果疑っていたが、この本に関しては正しかった
  • どうすれば、社会的影響力がつくか。 俺みたいな武器やスキルやコンテンツはあるけど、まだ知名度や社会的影響力が少ない場合の解決策 なんか、もうさ、 超シンプルで、 『気が狂う位の圧倒的努力』 これしかないわ。 意味わかん… https://t.co/a7AoO7F2Lz

関連商品「影響力の武器」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

「読書」の記事

おすすめの記事