ボクらの時代:奥田、井浦、成田

10月14日放送
ゲスト
奥田 英二(68)
井浦 新(44)
成田 凌(24)

赤坂見附、宵の口

15年前、事業に失敗、コンビニのおにぎりも買えない、
結婚、自分の中の小さなこだわりがはじけて、生きるため表現するために何でもやる。仕事があることが楽しい、何でもやる
とにかくはいくつばってでも何でもやる。そのことが楽しくなった

支えてくれる奥さんを探さなきゃだめ

監督と主演、直接二人で話す機会を、影で意見しない。二人三脚

すみずみまで気を使って、そのうえで遊ぶ。周囲もそれをみて付いていきたくなる

監督のためなら最低100点、120、150点とる

若松考二監督
自分の小さなこだわりをすてて、なんでもやってみなさい。
自分に自信がなくて、できないから選んでた
できなくてもやってやる

何でもやることのいいこと、わるいこと
悪いことはない、傷つくことがある、えげつない、傷つくことで強くなれる

映画とテレビ、やってることは同じなのに、惑星が違う

自分が大事にしたいものをちゃんと持ってれば惑星を渡れる

つぶやき
「ボクらの時代」

  • RT @hotelcortesia: 【メディア情報】 2月24日(日)放送 CX「ボクらの時代」 ゲスト出演(#木村拓哉 #長澤まさみ #鈴木雅之 監督) 是非ご覧頂けますと幸いです。 #マスカレードホテル
  • RT @WRHMURAMOTO: 鳩山由紀夫小泉純一郎村本で、ボクらの時代みたいな特番をやってほしい。酒飲みながら話したい。
  • RT @WRHMURAMOTO: 鳩山由紀夫小泉純一郎村本で、ボクらの時代みたいな特番をやってほしい。酒飲みながら話したい。

関連商品「ボクらの時代」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

「テレビ」の記事

おすすめの記事