ボクらの時代:奥田、井浦、成田

10月14日放送
ゲスト
奥田 英二(68)
井浦 新(44)
成田 凌(24)

赤坂見附、宵の口

15年前、事業に失敗、コンビニのおにぎりも買えない、
結婚、自分の中の小さなこだわりがはじけて、生きるため表現するために何でもやる。仕事があることが楽しい、何でもやる
とにかくはいくつばってでも何でもやる。そのことが楽しくなった

支えてくれる奥さんを探さなきゃだめ

監督と主演、直接二人で話す機会を、影で意見しない。二人三脚

すみずみまで気を使って、そのうえで遊ぶ。周囲もそれをみて付いていきたくなる

監督のためなら最低100点、120、150点とる

若松考二監督
自分の小さなこだわりをすてて、やりたいありたい、なんでもやってみなさい。
自分に自信がなくて、できないから選んでた
できなくてもやってやる

何でもやることのいいこと、わるいこと
悪いことはない、傷つくことがある、えげつない、傷つくことで強くなれる

映画とテレビ、やってることは同じなのに、惑星が違う

自分が大事にしたいものをちゃんと持ってれば惑星を渡れる

つぶやき
「ボクらの時代」

  • RT @topoptoop: 安田くん、ボクらの時代出て欲しいな〜〜。先輩後輩じゃなくて、同じぐらいの年で普段も一緒にごはん食べるような友だちと話してるの見たいな〜〜〜!!
  • @utyatunspl ボクらの時代そいつらずっと監獄にいた記憶しかないので...ダンディはまぁまぁ悲しい
  • @nanadeko ノノ`∀´ル「いやー、なんか家にいるみたいな感じだね」で、はじまるボクらの時代…。

関連商品「ボクらの時代」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

「テレビ」の記事

おすすめの記事