水谷先生

「夜回り先生」こと、水谷修先生のドキュメント番組を見てしまいました。泣きながら。

夜回り先生を知ったのはTBSのドラマの予告。残念ながらその番組は見逃してしまいましたが、十数年にわたって夜の繁華街で少年少女に語りかけ、一緒に悩みながら生きてきたというその人間性に興味を覚えました。

その一方で、ドラマや本というと多少誇張や脚色されてるんだろうなぁとちょっとさめた目もありましたが、今日のドキュメント番組、とりわけ講演の様子を見て、私も(勝手に)先生の生徒になりました。ただし、先生に甘えるだけの生徒にならないようにと思います。

つぶやき
「夜回り先生」

  • 太郎の学校には勉強合宿というのがある。 希望者のみだがクラス全員行くそうな(1人だけ欠席) 朝早くから夜10時まで勉強。 誰が疲れるって先生が疲れる。 修学旅行は夜回りが厳しかったが先生がグロッキーなので回ってこない 夜は修学旅行より楽しかったらしい。
  • RT @sspmi: バイキングで東海大野球部員の大麻使用の話。夜回り先生が「連帯責任賛成」派として登場。「これを野球部員への罰だと思っている人〜」とスタジオゲストに挙手を求めたあと「罰じゃないんです、これは教育なんです。みんなで考えさせるという理想的な教育。」と。いやいや大学…
  • #プロフェッショナル仕事の流儀 #神回 #堀井智帆 #号泣 私が見たドキュメンタリー番組として!夜回り先生と同じく!神回でした😭😭😭警察官の身分なのに、警察官ではない、少年育成指導官、不良少年達・家出少女・虐待された青年らに!ヒル… https://t.co/5PkzbiQUFH

関連商品「夜回り先生」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

「テレビ」の記事

おすすめの記事