ボクらの時代:佐藤、高橋、川村

10月21日放送
ゲスト
佐藤 健(29)
高橋 一生(37)
川村 元気(39)

築地・つきじ治作

今の時代、プライベート隠せない、どう反応するか楽しんでいる

このシーンできねー、泣くシーンとかこえぇー
向こうに行ったらどうにかなる、泣かなくてもいい、予定調和でない何か

世間に負けた、世界を疑っている、
泣きながら青買うくらいがいい

みんな、同じことは成功しても勝ち分が小さい、失敗しても痛くない

みんなと違うけど、他にもたくさんいるはず、たまに外れるけど

一度ぐっとさせてから抜く、(笠智衆)、守破離
ぜんぶ完璧なカットにしない、なにこれってシーンをわざと入れる、そういう部分が愛される

世間の大勢の人が思ってるけど誰も言わないこと、それを言う
みんな気づいているけど誰も言わないこと、をいう(すると私もそう思ってた、次々と渡しごとになる瞬間がヒット)

なるべくわからないところ(経験)に行きたい、バックパッカー、小説ってどう書くのから始めたい
リフトの下の新雪のうえを歩きたい

好奇心はすべてに勝る
自分でやりたいっていた仕事はつまらない、人から振られて全然わからないことのほうが面白い

つぶやき
「ボクらの時代」

  • RT @topoptoop: 安田くん、ボクらの時代出て欲しいな〜〜。先輩後輩じゃなくて、同じぐらいの年で普段も一緒にごはん食べるような友だちと話してるの見たいな〜〜〜!!
  • @utyatunspl ボクらの時代そいつらずっと監獄にいた記憶しかないので...ダンディはまぁまぁ悲しい
  • @nanadeko ノノ`∀´ル「いやー、なんか家にいるみたいな感じだね」で、はじまるボクらの時代…。

関連商品「ボクらの時代」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

「テレビ」の記事

おすすめの記事