今日のトップランナー

今日のNHK『トップランナー(TR)』のゲストは夫婦で建築家をされている手塚貴晴&由比さん

興味のない分野のゲストは、ついつい敬遠しがちなのですが、見てみると意外は発見があったりします。今日もそんな感じで、「建築家かぁ」なんて思ったのですが、何となく見ていたら、しまいにはメモまで取って見てました(^^;

やっぱり分野は違えどデザインということに関わりがあると、考え方や苦労する点で勉強になります。


手塚夫婦は建築の提案段階に、設計図ではなく模型を作るそうです。それも一案件に対して50以上も。

図面やパソコンでは、“図面を引きやすい設計”“パソコンで操作しやす設計”になってしまう恐れがある。
手も脳の一部であり、模型を設計することで、脳と一緒に手も考えてながら設計できるそうです。
※私の記憶に基づくまとめなので、本放送でのコメントと相違があるかもしれません。興味がある方は再放送(5月18日(木)24:00【NHK総合】)をごらんください(^^;

また、日本の大学では、技術が優れていれば良い点がとれ、認められたが、ロンドンに留学すると、技術だけは認めてもらえず、「建築に対する思想」まで問われるのだそうです。

ただ作るだけではなく、これを作ることでどう社会に、人に貢献したいのか、といことまで。確かにそこまで考えて仕事してないです。そこまで考えると、何か変わってくるのかな?

いつもこの番組には意外な出会いで意外な事を教えてもらいます。

つぶやき
「トップランナー」

  • RT @tamakidenny: 「沖縄が地理的・歴史的な個性を活かし、日本のトップランナーとして独自に発展していく可能性を僕は見ているんです。それって単に47位の所得を46位にしようって考えるよりワクワクするでしょ?ウチナーン自身が元気になれば県民所得を引き上げる以上のことが…
  • RT @tamakidenny: 「沖縄が地理的・歴史的な個性を活かし、日本のトップランナーとして独自に発展していく可能性を僕は見ているんです。それって単に47位の所得を46位にしようって考えるよりワクワクするでしょ?ウチナーン自身が元気になれば県民所得を引き上げる以上のことが…
  • RT @tamakidenny: 「沖縄が地理的・歴史的な個性を活かし、日本のトップランナーとして独自に発展していく可能性を僕は見ているんです。それって単に47位の所得を46位にしようって考えるよりワクワクするでしょ?ウチナーン自身が元気になれば県民所得を引き上げる以上のことが…

関連商品「トップランナー」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

「テレビ」の記事

おすすめの記事