カノッサの屈辱

懐かしいテレビ「カノッサの屈辱」が1日だけ復活します。

「カノッサの屈辱」は1990年4月~91年3月にフジテレビで放送された深夜番組。日本の消費文化を世界史に無理やりなぞらえて紹介します。タイトルを見ると「ホテル四大文明の謎」「デパート大航海時代」「幕末ビール維新」「関ヶ原ビデオ合戦史 VHS対ベータ、そして8ミリへ」など。

ちなみに今回の復活で取り上げるテーマは「携帯電話の歴史」。どんな歴史のパロディになるのか楽しみです。

同時期の深夜番組「アインシュタインTV」の復活も希望!カノッサ屈辱が“歴史”ならアインシュタインTVは“科学”。しかも内容はカノッサの屈辱と違って、本当のサイエンス番組。ただ、アナウンサーの衣装や説明のCGが奇抜でした。

つぶやき
「カノッサの屈辱」

  • RT @seidou_copy: 栄純:赤鼻のトナカイの歌詞の「でもその年のクリスマスの日」を「デモッソの年」だと思っていて、「デモッソの年」ってなんだろうとずっと思ってたんだけど、世界史の授業で「カノッサの屈辱」を習った時に「ああ、これね!こういう感じね!」と勝手に腑に落ちて…
  • だいぶ前にも言ったけど、特にドイツ史。神聖ローマ帝国、カノッサの屈辱、七選帝侯、金印勅書、帝国自由都市…かっこ良い
  • 1077年のカノッサの屈辱で神聖ローマ皇帝ハインリヒ4世を破門したローマ教皇は◯◯◯◯◯◯7世? A.グレゴリウス

関連商品「カノッサの屈辱」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

「テレビ」の記事

おすすめの記事