パウル・クレー展に行ってきた

東京国立近代美術館で開催中のパウル・クレー展に行ってきました。

開場の10分前に到着して午前中に見てきたのですが、混雑はしていたけど、まぁゆっくり鑑賞できたほうです。
展示方法がユニークで、どこからでも見られてからかもしれません。

詳細は旅行用ブログに

つぶやき
「パウル・クレー」

  • RT @_____yohaku: パウル・クレー《The Sunken Island》 1923年 https://t.co/cDRnYUbXW0
  • RT @julunggul: アーティゾン美術館。以下は開催延期が決定です。 ・ ジャム・セッション 石橋財団コレクション×鴻池朋子   ちゅうがえり ・ 第58回ヴェネチア・ビエンナーレ国際美術展日本館展示帰国展   Cosmo-Eggs|宇宙の卵 ・ 石橋財団コレクシ…
  • パウル・クレー(1879〜1940) クレーの絵画を目にすると、視覚が音楽のような心地よいリズムで満たされる。それは鮮やかな色彩だったり、美味しそうな色あいだったり、砂のようにかすれた質感だったり、自由に息づく形や図形を連想させる。 #Klee

関連商品「パウル・クレー」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

「旅行」の記事

おすすめの記事