ブタの貯金箱の起源

ブタの貯金箱の起源

先日の記事で「海外でもブタの貯金箱が使われている」ことを知って、その起源を調べてみました。

写真素材 PIXTA
(c) HAL写真素材 PIXTA

正確なことはわかりませんでしたが諸説あるようです。


もともとブタはたくさん子供を生むため「数が増える」=「縁起がいい」動物として貯金箱のモチーフにされたとか。
中世ヨーロッパでは赤い陶土(pygg ピギー)に小銭を貯めており、これをピギーバンク(piygg bank)と呼んでいたものを、陶器職人が同じ言葉のひびきからブタの貯金箱(piggy bank ピギーバンク)として作ったとか。

日本で豚の貯金箱が作られたのは江戸時代。
庶民に貨幣が流通するようになると貯金箱が作られ、その形に縁起物として豚やねずみが貯金箱のデザインに取り入れられたそうです。こうしてみると西洋とは違った経緯でできたみたいですね。

てっきり中国あたりから入ってきたのかと思いきや、いがいと中国特有の貯金箱っていうのは見つかりませんでした。中国語がわからないし、中国ではGoogleがしめだされてるからかもしれませけどw

今は貯金箱の種類もキャラクターもの、ハイテクものと沢山ありますね。

  • 楽天で商品をみる
  • アマゾンで商品をみる

コメント

  1. トレノより:

    ここにコメントが表示されます。お気軽にコメントください!

    名前とメルアドは必須(★)でお願いしてます。

コメント用フォームを開く

つぶやき
「ブタの貯金箱」

  • 【豆知識】 (´ヮ`)☝貯金箱といえばブタの形なのは、19世紀のイギリスで陶芸職人が「Pygg(粘土)の貯金箱を作ってくれ」と頼まれたのを「Pig(豚)の貯金箱を作ってくれ」と依頼されたと勘違いしたのが発端あま
  • 貯金箱持ってきて「お兄ちゃん!これ!!!!わって!!!!!」って言ったババア忘れねーし、そのとき割ったブタの貯金箱の悲しそうな顔も忘れねえ。
  • 平次くんが欲しいって何気なく言ってたものをさりげな~く聞いてて、それをプレゼントしたいと思う和葉ちゃんがいてたら可愛すぎるし「よーし、平次喜ばしたんで!」と思って意気込んでブタの貯金箱割ったら思ったより少なくて「アカン……」って内緒でバイト始めるとかゼツ可愛い。大学生くらいかな…
  • その大量の小銭、どうしたの? へぇ、今までちょっとずつ貯金してたんだ……ンヒっ!? え、ちょっと、ま、けつまんこ急に拡げないでッ! あ、こ、小銭が入って……!? ぎゃ、いやひ、いれない、あぅん♡ けつまんこ、貯金箱にされてるゥ! いや、モノ扱いッ! 淫乱メスブタさん貯金箱♡
  • その大量の小銭、どうしたのかね? ふむ、今までちょっとずつ貯金してたと……ンヒっ!? む、こら、ア、アナルを急に拡げるなッ! あ、こ、小銭が入って……!? ぎゃ、いやひ、いれない、あぅん♡ アナル、貯金箱にされてるっ?! いや、モノ扱いッ! 淫乱メスブタさん貯金箱♡