南極料理人 感想

南極料理人 感想

DVDで南極料理人を観ました。

地球の極地・南極にある“ドームふじ基地“は標高3800m、平均気温マイナス57度、動物どころかウィルスさえ存在しない過酷な環境。
ここに派遣された料理人が観測隊員8人の約400日の日常を描いた作品。

普通じゃない環境だから、そための生活の工夫があって、普通じゃない環境だから、普通の生活も珍しく見える。そして、どんなところでも食べることだけは楽しみなんだな。

こんな生活って、女性だけだと無理なのかな。

南極料理人は実際に南極観測隊員として南極で調理を担当していた西村淳のエッセイ「面白南極料理人」が原作。劇中に出てくる料理のレシピ本もありました。

  • 楽天で商品をみる
  • アマゾンで商品をみる

コメント

  1. トレノより:

    ここにコメントが表示されます。お気軽にコメントください!

    名前とメルアドは必須(★)でお願いしてます。

コメント用フォームを開く

つぶやき
「南極料理人」

  • 客船には見学会でしか乗ったことないけれど、見学すればするほど、動いている時に乗りたくなります(笑)。 夜は飛鳥で何度も世界一周された経験もある、南極料理人の方のお店へ。南極にまつわるDVDを見せていただいたり、経験談を聞かせていただいたり。客船で仕事したいな〜。
  • おすすめのDVDは、、【南極料理人
  • こんな時間に南極料理人を見るのは自爆飯テロであった、、、
  • @yamadaDX00 「南極料理人」はね、おいしいごはんが食べたくなるよ☺️ ラーメン!おにぎりー!!
  • 南極料理人』(2009)鑑賞。 観測を目的に南極に派遣された8人の男。ほのぼのとした雰囲気で、南極の生活と暮らしが見れる。特に何かが起きるわけではないけど、男たちの会話や仕草を見てるだけでも楽しい作品。 https://t.co/xvRoDXJCk6