我が家流、赤ちゃんせんべいの与え方

どんな子供も虜にするという魅惑のお菓子「赤ちゃんせんべい」。某友人いわく「酒の肴に丁度いい」と大人のハートまでガッチリキャッチしております。

普段、お菓子類を与えない我家も、子供がグズったとき、どうしてもおとなしくしてほしい時にだけ与える魔法のアイテム。ただ、一度与えると「もっと!」とせがむので、その与え方にひと工夫してます。

面倒くさいと思うくらい少しづつあげる

いっぺんに与えると、あっという間に食べてしまうので、少し砕きながら与えます。細長いせんべいの4分の1くらいかな。その一欠片を与えて、「もっとくれ!」とせがんできたら、もったいぶってまた4分の1くらい与えます。相手が「あー面倒くせー」と思うかどうかわかりませんが、そう思うくらいのつもりで。

最後は、これで無いよ!と分かるように

最後の一欠片を与える時は、袋に入っている状態を見せて「これで最後だよ」「もう無いよ」と教えながら与えます。もちろん、たくさん入っている本体は見えないようにしておくこと。

これでウチの場合、最後の一欠片を食べ終わるとその後は欲しがりません。

つぶやき
「赤ちゃんせんべい」

  • 9/25 56.0kg(-0.3) 31.7% 体重体脂肪率、共にmin値(о´∀`о) ハイハインは赤ちゃんせんべいというか、米せんべいです。次男のおやつ。長男も私も一緒に今日は食べてた(笑)ハイハイン パーティー(笑)… https://t.co/EXx4hsDPBv
  • 赤ちゃんせんべいおいしい
  • 赤ちゃんせんべい、アンパンマンせんべいとハイハインの2種類与えたけど、つかみ食べするのには意外にも丸いアンパンマンせんべいのほうが楽っぽい。ハイハインだと手に必ず残ってるけど、アンパンマンは何も残ってない上に手もほとんど汚れてなかった

関連商品「赤ちゃんせんべい」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

「育児」の記事

おすすめの記事