デジタルアートフェスティバル

有明のパナソニックセンターまで、「デジタルアートフェスティバル東京2006」 に行ってきました。お目当ては『広告クリエイティブ講座 ~デジタルアートと広告の可能性~』の聴講。

CMプロダクションや広告代理店など6社から10名ものディレクターやクリエイターがパネリストとして参加。それぞれが自分の携わった広告を紹介しながらデジタルアートと広告について語ってくれました。

実は先日、1日8記事という怒涛のブログ更新をしつつ、そのネタ探し中に見つけたのがこのイベントで、今朝になって“寒い”“遠い”“面倒くさい”と行く気も失せかけていたのですが、やっぱり行ってよかったです。

それにしても、人と商品、人と企業を結びつける“広告デザイン”というのは難しいものだなぁと改めて思いました。

つぶやき
「広告デザイン」

  • RT @tanigawaa1: Adoさんの長〜い広告ビジュアルをデザインさせていただきました! 渋谷駅『最初の名盤。』ポスター、ぜひアイテムや背景の細かいとこまで見てほしいです🙇‍♂️ illustration : Mika Pikazoさん #Ado #Ado狂言 ht…
  • RT @sogohodopopeye: 新聞「総合報道」1月25日号を発刊しました! 2面はデザイン賞・広告賞の受賞作品をご紹介🙌 4面では、47都道府県に掲出されたOOHをつなげるとメッセージが浮かび上がる #JO1 の広告をレポートしています✨ 単体購入はこちら:https…
  • RT @sogohodopopeye: 新聞「総合報道」1月25日号を発刊しました! 2面はデザイン賞・広告賞の受賞作品をご紹介🙌 4面では、47都道府県に掲出されたOOHをつなげるとメッセージが浮かび上がる #JO1 の広告をレポートしています✨ 単体購入はこちら:https…

関連商品「広告デザイン」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

「旅行」の記事

おすすめの記事