iPhoneがペットなる「スマートペット」

iPhoneを本体にはめることで犬型ペットロボットになる「スマートペット」。

iPhoneに専用アプリ(無料)のダウンロードがするとiPhoneの画面が犬の顔になり、カメラやマイクを通して飼い主の手の動きや声に反応します。育てると高度な芸ができるようになるそうです。これはますますiPhoneがかわいくなりますね。


そういえば1999年にAIBOというロボット犬がソニーから発売されたけど、どれくらい進化してるんでしょうね。ちなみにAIBOの発売当初の価格は25万円で、2006年に生産終了してます。

つぶやき
「スマートペット」

  • @sony_manoma_jp どんどん進化していくスマートホーム✨ これで防犯も子どものお留守番も ペットの見守りも完璧ですね💕 いつか我が家にも導入したい😆
  • ●スマートに帰れる魔法の言葉 「電車がなくなるので」 「家が遠いので」 「明日早いので」 「ペットの世話があるので」 「家族が出先でカギを失くして家に入れない」
  • スレンダーマンはバイバイマンと違って必要最低限の事しかしない感じだった。今!って時にちょろっと出て恐怖を植え付けたら後は人が勝手に妄想して壊れて行くスマートな方法。バイバイマンみたいに何回も謎の汽車見せたりペット連れて来たりはしないタイプだ

関連商品「スマートペット」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

「商品」の記事

おすすめの記事