フラウンフォーファー線

フラウンフォーファー線というのがあるらしい

比較的マジメに勉強したであろう高卒の私でも、小~高では習わなかったように思う。

このフラウンフォーファー線というのは、太陽光を分光器にかけたときに、連続するスペクトル間に生じる黒い線の事だそうだ。

コナン・ドイルの小説では、地球滅亡の予兆として、このフラウンフォーファー線に“くもり”が生じる。

以上のようなことを知ったのは『帝都物語』から。

つぶやき
「フラウンフォーファー線」

    関連商品「フラウンフォーファー線」

    • 楽天で商品をみる
    • アマゾンで商品をみる

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    「雑記」の記事

    おすすめの記事